食いしんぼーは今日も行く
まいにちおいしくたのしく。たべもの中心な日々の記録 
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Les Abeillesのハチミツ

あこがれの二匹の蜜蜂が向かい合っているマーク♪
フランス・パリ13区にあるハチミツ専門店 Les Abeilles レザベイユ
五ツ星ホテルも御用達の上質なハチミツを提供する店として有名です。
伊勢丹サロンデュショコラに出店していました。

ORANGERオランジェ
スペイン産オレンジの花からとれたもの。きれいな金色。香りも良いです。
ハチミツキャンディーが売り切れていたのが残念。
オーナーでパリ・ハチミツ協会会長でもあるシャクマンデス氏も来店。写真でしか見たことが無かった彼と実際にお会いできたのもうれしかった。
スポンサーサイト

テーマ:♪おすすめ♪ - ジャンル:グルメ


渋谷西武のデパ地下がリニューアル

西武渋谷店のA館地下1階食品フロアが10月23日リニューアルオープン。
百貨店初登場のお店はブーランジェリー「パン オ トラディショネル」とジェラート専門店「クレマモーレ」。「ラスコッティTOKYO」と「柴山」も気になる。
「ピエール・エルメ・パリ」「共楽堂」「マリアージュ・フレール」など以前からのお店もありますが、私が好きだった倉敷の「平翠軒」は大幅に売り場面積を減らし、品揃えはちょっとつまらなくなった印象。
売り場のメインは「ザ・ガーデン プラス」
これまでのいわゆる"デパ地下=高級食品"から一転、"日々のお買い物"の商品を並べている。バラエティーあふれる食材がウリの『ザ・ガーデン自由が丘』ではなく、『ザ・ガーデンプラス』ではセブン&アイホールディングのプライベートブランドが目立つ。アトレ目黒の『ザ・ガーデン自由が丘』で3ヶ月待ちだった辣油「石垣島ラー油」を購入できたのは嬉しかったけれど、この品揃えはまるで『イトーヨーカドー』のよう?
確かにこの辺りにしては野菜は安いけれど…西武さんは数年前まで、B館地下1階に『ザ・ガーデン自由が丘』がありましたが、人がまばらで撤退という経験がある。東急フードショーに対抗して、今回のこの戦略がどうなのか?今後が気になります。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記


蔵王から山寺へ

母と二人で紅葉狩り。蔵王のお釜と山寺(立石寺)
今回の旅は、桜と紅葉の季節になると張り切る母の立案。
東京から新幹線→宮城・白石蔵王駅→山形・蔵王のお釜→山寺(立石寺)→宮城・仙台駅から新幹線→東京 日帰り旅行なのに盛り沢山の強行軍!

白石蔵王駅からバスに乗換え、まず目指すのは火口湖の『お釜』
山の中腹は紅葉も色鮮やかですが、上に行くともう既に落葉しています。それもそのはず、蔵王エコーラインは10月31日で冬季閉鎖されるんですって。
心配していたお天気も、徐々に回復、明るくなってくる。『お釜』への期待が高まります。
着いてみると残念ながらもやがかかっていました。さすがに雲の上、ものすごく寒!山頂を甘く見ていました。ふもとでは邪魔になるからと、コートを用意しなかったのは作戦失敗。緩く巻いていたストールを広げて寒さをしのぎ、少し待つと霧が切れ、見ることが出来ました♪
ただ、観光パンフレットの写真くらいはっきり見ることができるのは、稀なようです。
yamahiru.jpg少し移動しておひるごはん。
お釜にちなんで(?)釜飯と山形名物のいも煮やさくらんぼの漬物など郷土色豊か。とてもおいしくて完食。
yamadera6809.jpgしかし、お腹いっぱいで階段のぼれるかな?と心配しつつまた移動。
今度は断崖に立つ寺院、宝珠山・立石寺(りっしゃくじ)です
山寺(やまでら)の通称で知られ親しまれている立石寺は、比叡山延暦寺の別寺として慈覚大師により1100年以上前に開山した東北屈指の名古刹。
国の重要文化財に指定されているお堂などもあり、見所もたくさん。
「閑さや岩にしみ入蝉の声」松尾芭蕉が山寺で詠んだ俳句はあまりにも有名ですよね。
そして有名な長いながい階段をゆっくり登る。頂上からは景色がとてもよく見えました。このあたりは紅葉も見頃。素敵です♪
降りてから茶店で串刺しの玉蒟蒻もつまんじゃいました。

その後は仙台へ。渋滞もなく予定より早く仙台駅に到着。駅で牛たんの夕食をいただく時間もありました。
宮城のお土産「笹かまぼこ」「ずんだもち」を購入し、無事帰宅。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記


ことしの中秋の名月

今年の十五夜・中秋の名月(旧暦の8月15日)は10月3日です。

十五夜は一年で一番美しく明るい月とされ、古来より人は月をめで詩歌を詠むようになり、また、農作物の豊作を祈願し、お供えをして奉るようになりました。
そして、いつまでも美しい月をめでていたい気持ちを込めて、十五夜の月を「待宵(まつよい)」翌夜を「十六夜(いざよい)」その翌夜を「立待月(たちまちづき)」「臥待(ふしまち)」と呼んだとのこと。

東京では雲がすこしかかり、思わず見とれてしまうくらい、キレイでした。月の満ち欠けは、今も変わらず神秘的ですよね。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記


十五夜

空気が澄んだ十五夜の満月。今年の中秋の名月は明日、9月14日

先日サントリー美術館の呈茶席で鶴屋八幡の「月兎」という薯蕷饅頭をいただきましたが、やはり十五夜は和菓子でティータイムといきたいものです。
せっかくの日曜日ですしね。

明日は天気でお月さまが見られますように。

テーマ:ひとりごと。 - ジャンル:日記


恵比寿盆踊り大会

京都から帰ってきました。
JR恵比寿駅西口広場で毎年行われる盆踊りは夏の風物詩、今年は8月1日(金)2日(土)です。

毎年の事ながら、大盛り上がり!
たくさんの屋台が並んでいますが、恵比寿盆踊りの場合、テキ屋さんというより地元商店街の方々の出店が多く見受けられるのがまた、手作り感満載でいいカンジです。

大人達にもまれながら子どももたくさんいました。
ちいさい子の甚平さん姿ってかわいいなぁ。
やっぱり脇で見てるより参加したいよねー。
来年こそは私も浴衣で踊ろ!

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記


京都へ行く

夫の仕事の都合でちょこちょこ京都に行くことになりました。
しばらく京都と東京と行ったり来たり。それなりに大変ですが、楽しみたいと思います。
時間があれば、気軽に一人で観光なども。
今までも京都はなんども訪れていますが、同じ場所にばかり行くことが多かったので、この機会にいろいろなところをまわってみたい。

困るのは食事。気になるお店はたくさんあるけれど、ひとりでは料亭などに行くわけにもいかず。。。


帰国しました

大変ご無沙汰していましたが、オランダ・ベルギーから昨日帰国しました。
といっても、向こうにいたのは2週間。
いつものことながら美術館目当ての貧乏旅行。よく食べよく寝てよく歩く旅でした。
アムステルダム→ブリュッセル→パリ美味しいものもいっぱいでしたよ。
パリでは夫が捻挫し、左足首がぱんっぱんに腫れ、内出血…とか、まぁいろいろありました。
旅日記はいずれupしますね。

しかし、東京がこんなに暑いとは。びっくりしました。
バンコクかどこか、アッチの方かと思うほどですね。
とりあえず今日は白いご飯・メザシ・味噌汁・漬物で夕飯。

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記


日立おさかなセンター

海沿いをはしる245号線沿いを遠足気分でドライブ♪
茨城県久慈浜、日立港近くの「日立おさかなセンター」
DSC04676.jpg地元久慈浜産の新鮮な魚介類と北海道の旬の素材を産地価格で販売している直売所。多彩な品目が揃っています。漁港には北海道からの船が毎日来ているんですって。
屋外では大きな干物を作っていて(画像左)、屋内では漁業者・漁師さんの威勢のよい掛け声が聞こえ、地元の人や観光客で結構にぎわっている。確かに安い!ので沢山買いたくなっちゃいますが、なにしろ二人暮らしの食卓。金目鯛2尾、いか5杯、かつお6切れ、では冷凍するにも多すぎなのが困りもの。。。そうそう、生わかめも美味しいです
DSC04674.jpgDSC04673.jpg

ランチは2階の「海鮮茶屋 濱膳」で。
居酒屋チェーン風の内装、けっこう大きなレストラン。メニューも豊富でした。
私は鰤のカマ焼き定食、彼はお寿司を。
巨大なマグロのかまの塩焼きが2切れ。12×4×9センチ…くらい?画像ではわかりにくいですが、ほんっとに大きな塊です。それが2つも!一人前の量とは思えません。小鉢、ご飯、お味噌汁がついて1280円!身がたっぷりで脂がのっていて、とてもおいしかった~完食するのはあきらめて、一切れは持ち帰りました。

テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ


異邦人たちのパリ展@六本木

「異邦人たちのパリ 1900-2005 ポンピドー・センター所蔵作品展」を観に、初めて六本木の国立新美術館へ。黒川紀章氏設計の波のようにうねる透明な外壁


ミッドタウンがopenし「モネ展」も今日から。なのでかなりの混雑かと思いきや、そうでもなかった。だけどやはり午前中がオススメかも。(午後、帰るころにはすごい人出)
今回の展示はポンピドー・センターの国立近代美術館所蔵の作品が中心。
夫は前半のパスキンやフジタ、モディリアーニが目当て。
私が楽しみにしていたカンディンスキー作品はちょっとがっかりでしたが、過去に3度訪れていても、観ることができなかった作品が堪能でき、うれしかった。シャガールの「エッフェル塔の新郎新婦」も良かったなぁ。
IMG_3185.jpgIMG_3186.jpg

もう一つの目的は国立新美術館の内装いろいろ。特に椅子。
地下にはフリッツハンセン社のスワンチェアとエッグチェア。
北欧家具の流行りも長いけど、やっぱり好きだなぁー。過去にスワンチェアの購入を検討したことのある夫はここでもまた。。。でも、部屋に椅子ばかり多くても仕方ないよね。ヤコブセンのセブンチェアとアントチェアとイームズ シェルサイドチェアはすでにあるし、あとソファがあれば十分じゃない?

そして国立新美術館を出た私たちはミッドタウンには目もくれず、レストランBouquet de France(ブーケ・ド・フランス)へランチを食べに行きました

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術


中目黒にて

遅ればせながらの


いいお天気なので目黒川沿いを夫と散歩。
もう葉でしたが、やっぱり素敵
提灯がなければもっといいのにね。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記


偕楽園で梅見のお弁当

暖冬といわれていても、やっぱり待ち遠しかった春!
も見頃、なので夫と水戸に「お花見デート」行ってきました。


水戸藩第9代藩主徳川斉昭公により造られた偕楽園は、金沢の兼六園・岡山の後楽園とともに日本三名園のひとつに数えられ、の名所としても全国的に有名です。広い園内には100種、約3,000本のが植えられているそうです。

良いお天気の日曜日。予想通り多くの人が見に来ていました。
イベントも石州流の野点茶会が行われ、水戸黄門の扮装をした人達がいたり、園外では猿回し。さすが「まつり」期間中です。
園内の木造2層3階建ての好文亭も見学には30分以上かかりましたが、素敵でした。

そうはいっても、やっぱり花よりだんごの私たち


園内では駅弁が売られていました。2段重ねで立派なお弁当箱の『印籠弁当』(1100円)と悩みましたが、今日はこれ!『ダイダラボウのはまぐりめし』800円
籠で編まれたお弁当箱。敷き詰められた味付けごはんは白胡麻の風味もよく、煮蛤も柔らかくおいしい。おかずは味がしっかりしみた含め煮。蓮根・人参・椎茸・雁もどき、彩りにインゲンと甘い錦糸卵、そして柴漬け。
帰宅後、調べてみると「巨人ダイダラボウ」の民話をモチーフにしたものだそうです。
「海辺に手を伸ばし、大はまぐりをほじくりだして食べ、その捨てた貝が積もって岡になりました」ちょっと面白いお弁当ですね。

お土産には藁納豆や干しもたくさん売っていました。そして1月に観た佐藤卓展のお土産プロジェクトのチョコ納豆(ただしプレーンのみ)も発見!!
暑いくらいのいいお天気のなか、とお弁当を堪能しました。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記


星空の贈りもの

日本橋HD DVDプラネタリウムの「星空の贈りもの」を見に行く。

平日だからか年齢層は高め。
月初に観た「HOKUSAI ~北斎の宇宙」よりずっといい。あれは正直、誰をターゲットにしているのかわからないエンターティメントで、どうもついて行けなかった。
「星空の贈りもの」もはじめはどうだ!この高画質!!って見せつけられているような気になったけど、慣れると心地よく包み込まれるような感覚。25分間は短い。もっと長くあの空間にいたかった。星が、空が降ってくる。迫ってくる。その迫力!やっぱり「世界最高峰のプラネタリウム」ってことなのかも。
そうそう、プラネタリウムにありがちな星座の説明はないですよ。

ふわふわの「神茂」のはんぺん買って帰ろっと

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記


おでかけ@新宿

TVでは例年より暖かいとさかんに報じられていますが、十分寒いんですけどー・・・
出かける気になれず、ついおうちにこもりがちな日々。
が、しかし。今日はせっかく夫がお休みなのでお出かけ。寒いの苦手な私は帽子マフラー手袋ブーツで完全防備です

今日は新宿へ
メインの目的はリビングセンターOZONEでの2つのイベント
・The Vehicle exhibition「A LDK」 ~1/30(火)
・あなたを癒したい 5 Bathroom ~2/27(火)
面白かったのは「5Bathrooms」のほう!
五感をテーマに5人のクリエーターとインテリアデザイナーが5つのバスルームを提案。
新築もリフォームの予定もないけど、想像力逞しく夢が広がっちゃいます!!

ついでにTHE CONRAN SHOPものぞき
ランチはパークハイアット東京。梢かニューヨーク グリルで、と思ったけど…  
その後はPARK HYATT TOKYOへ[続く]

テーマ:ひとりごと - ジャンル:グルメ


水戸にいく@佐藤卓展

3CBAD717-170.jpg

いい天気遠足日和。というわけで水戸。
なぜなら観たかった展覧会が明日で終わりなのーーー! 
それは水戸芸術館現代美術センター で行われている佐藤卓展「日常のデザイン」

水戸までも遠いが、駅からさらに遠い。。。
電車でずっと座ってたから歩こう!と勢い込んで歩きはじめたけど
とちゅうで、バスに乗れば良かった~~と深く後悔。
寒風吹くなか直進徒歩20分強。歩くのに飽きたころに奇妙な塔が見えて到着。

グラフィックデザイナー佐藤卓の活動のほぼすべてを紹介している、この展覧会。
くらしのなかにある身近な商品のデザイン、その細部にまで込められた意図と遊び心。
ふだんは意識していない普通の日常がとてもおもしろくて魅力的であることに気づく。
展覧会自体の情報量はとても多いはずなのに、展示方法も工夫されていて、ずっと、そして何度も観たくなる。
ホントにおもしろかった。来て良かった♪

特に興味深かったのは「デザインの解剖」
私は数年前に銀座松屋でキシリトールガムの解剖を観ていたが
ここでまとめて展示されているとより企画の意図がわかりやすく感じられた。

しかし…土曜日のため子供も多数来館。
幼稚園年長さんくらいの女の子がリカちゃん人形の断面図を見入っているのはちょっとシュール。。

テーマ:あんなことやそんなこと - ジャンル:日記


休み明け 夫 初出勤

目覚まし時計をとめた夢をみた・・・
あわてて起こされて、みたら15分前だった夫はちょっとむくれ顔。
たかが15分。それでも朝の15分の恨みは深い。。。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記


新年にあたり

この年末年始、計画がたくさんあったはずなのにスケジュールが決まらない。
あの決まらなさは何なんだろう?って不思議なくらい。

直前になると先送り癖がでたりもして、けっきょく寝正月。

0時すぎに散歩がてら恵比寿神社にお参り。

まぁ たまには こんなお正月もいいか。


あけましておめでとうございます
今年もたくさんの美味なるものに出会えますように 

テーマ:ブログ始めました - ジャンル:日記




ジャンル別カテゴリ


最近の記事


プロフィール

noricha

Author:noricha
神田生まれ さいたま育ち
2010年5月に代官山から六本木(赤坂寄り)に引越しました。行動範囲もこれから変化していくでしょう。
dietを気にしつつも、誘惑に負けっぱなしの毎日です

あそびにきていただきありがとうございます。コメント・トラックバックも大歓迎♪でも記事と無関係なものは削除させていただく場合もあります。
よろしくおねがいします。


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


月別アーカイブ


カウンター



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


最近のコメント


最近のトラックバック


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。