食いしんぼーは今日も行く
まいにちおいしくたのしく。たべもの中心な日々の記録 
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さくら餅@京都嵐山

京都の街はもう桜・さくら・サクラ。でも花より団子の私には、やっぱり桜餅!
turuya198.jpg「御菓子司 鶴屋寿(つるやことぶき)」さんは桜の名所の京都嵐山で最初に桜餅を作りはじめたお店だそう。
『嵐山さ久ら餅』
ほおばると口いっぱいに桜葉の香りが広がる。2枚の塩漬け桜葉の中はもっちり道明寺。ただしピンクに着色していないので白っぽい。道明寺粉本来の色。大きさの違う道明寺を数種類まぜることで、特有の弾力と食感をだしているんですって。中のこし餡は少量ですが、桜葉により上品な甘さが引きたてられています。

しかし、このお店はさくら餅を通年販売している。
最近は、わらび餅や草もち、くずきりも一年中作っているお店も多いけど…それってなんか違うんだよなぁ。。。

スポンサーサイト

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ


再訪 ビストロ コムシコムサ@京都 左京区東山

東山二条通沿いのフレンチレストラン「コムシコムサ」(comme ci comme ca)
ディナーで再訪です。先日ランチをいただいたのが11月初め。ランチコースは2500円~、満足でしたが、もう少し予算があったら…別の食材を使ってどのような料理・コースの組み立てになるのか興味がありました。予約が取りづらい店ですが、なんとか成功。期待して行きました。

夜のコースはおまかせ7000円のコースのみ
アミューズ、前菜3(冷・温・スープ)、メイン、チーズorご飯、デザート、プチフール
おまかせといっても、プリフィクス。メインは三種から、その後もチーズ盛り合わせまたは一口変わり御飯、デザートも三種から選ぶ。

温菜では私の好物、仏産ホワイトアスパラガスがフォアグラと筍、トリュフのソースで合わされた一皿。メインは私は仔羊、夫は和牛もも肉。その後の夫のチーズも食べやすいタイプ。私が帆立の餅米雑炊。ご飯ものがコースに入るのって面白いですね。
自家製の全粒パンもしっとりふっくら食感。ランチと同じくしっかりした味付のタプナードが添えらえれました。やっぱり美味しい。
店内はジャズが流れ、照明も昼と変化なし。席数は少ないですが、席間に余裕があり満席でも寛ぎやすい雰囲気。ボリュームもあり、コストパフォーマンスはいい。美味しかったけれどインパクトに欠け、なんというか通信簿オール4…しかも、フレンチではなく創作料理気味?
まだ京都のフレンチやイタリアンで感動のお皿には出会えていないんですよね。
やはり京都は和食なのか?という気がしてしまう。。。

テーマ:ばんごはん - ジャンル:グルメ


パティスリー フランセーズ オーレリー@京都

蛸薬師麩屋町にある「パティスリー フランセーズ オーレリー」(PATISSERIE FRANCAISE AURELIE)へ行きました。
お店の前は何度も通っていたのですが、「購入されない方の入店はご遠慮します」のような
内容の貼り紙にいつも威圧されていたのです。だって入っても食べたいものがなかったらって思うし。。。だけど、勇気を出してとうとう入店。店内にも「1個のみ買わない場合は箱代が追加されます」という貼り紙もあり、緊張感あります。
AURELIE0275.jpg初回は噂に聞いた「エクレール・オ・キャラメル」350円のみ購入。
ちょっと迷ったのですが、ケーキ1つだけだと箱代をとられるので、実質負担は380円。すぐに買い食いするつもりだったので、箱に入れてもらわなくてもよかったのですけれど…言い出せませんでした。

細身のエクレア。サクサクで厚めのしっかりしたシュー生地の中はトロトロ濃厚クリーム。注意しないと中から流れ出る。表面にかかったカラメルソースが良い香り♪甘さがしつこく残らず、キャラメルの香ばしい風味が口からスーッと消えていく。
インパクト大!とてもおいしかったので、他のケーキも期待できそう。

というわけで、週末、夫と再訪問。
今日は「エクレール・オ・キャラメル」の他に「フランボアジェ」450円
アーモンド風味の生地にフランボワーズクリームがサンドされたケーキ。はっきりとしたデザインにも惹かれました。生地の甘さとクリームの酸味が合わさってキリリとした上品な味わい。こちらも美味。おすすめです。

決して愛想はよくありませんが、応対の悪さは感じず、丁寧でいい感じでした。
恐らく何かがあった結果の貼り紙でしょうけれど、訪れるほうにとっては気後れします。…ちょっと残念ですね。

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ


OKUでおひるごはん

京都・祇園にある町家カフェ「gallery&cafe OKU」
あの花背「美山荘」の中東久人さんによるプロデュースのお店です。
雑誌ではプリンやわらび餅などスイーツが紹介される事が多いですが、ギャラリー&カフェと銘打ってある通り、店頭には食器が並んでいます、中東さんがOKUという食器ブランドを立ち上げたのが2006年、このカフェができたのが2008年3月です。
今日は二階でちょっと遅めのおひるごはんを。
1階は大きな窓からみえる坪庭がメインですが、2階はとてもシンプルな空間。お香がほのかにたかれ、御簾の向こうから入る日差しはもうすっかり春のようです。やや厚いテーブルは花背の杉の木だそう。
oku0157.jpgoku0156.jpg
私は『地鶏と椎茸の照焼き丼』 香の物と味噌汁つき 1500円
こんがり焼かれた鶏肉と素焼きした肉厚の椎茸、白ネギと木の芽。添えられた山椒は「原了郭」さんのもの。香りが食欲をそそります。
連れは『お揚げと大根と白菜の煮浸し丼』 1000円
味が染込んだ大根にふんわりお揚げさん。きぬさやがアクセント。やさしい味付けで食べやすい。まさにまかない丼といった感じ。
それぞれ笹茶をセットにして+350円
おおきめのポットで供された笹茶は、滋賀県・朽木村の笹をつんで、洗って、天日で乾燥、刻んで、玄米と合わせてお茶にしたものだそう。良い香りで飲みやすい。

おいしいんだけど…うーん、正直"美山荘プロデュース"ということでちょっと期待が大きすぎたのかも。食器もそれぞれ好みがあるものだし……お食事だけで見れば割高感アリ。
それでも、今日のように空いている時間帯にうかがえば、静かでゆっくり落ち着ける空間はまさに隠れ家。
場所はお茶屋が連なる街並みの中、「祇園きなな」さんのすぐそばです。

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ


北野天満宮へ

桜より梅が好きです。
特に今日のように良い天気だと、春が来たなぁー、と嬉しくなります。
kitano0140.jpgkitano0135.jpg折角京都にいるので、今年は北野天満宮へ。
様々な種類の梅の木が植えてありましたが、どの木も満開、見頃です。
境内は梅の香りに満ちています。春を感じるなら、やっぱり梅。

晴れた土曜日。さすがに人が多く、道も渋滞、バス停の前の「とようけ茶屋」さんも「粟餅所・澤屋」さんにも人があふれていました。並んでいる人は大変ですが、商売繁盛!いいですねー。

京都生活もあとひと月ほど、桜の開花も見られるといいな。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記


味の小松@京都 清水

今日は散歩がてら清水寺へと続く石畳の坂、二寧坂へ。
様々な店が並ぶこの近辺は、京都の中でも特に年中観光客が絶えない場所。人ごみが苦手な私はさけていたのですけれど…。今日の目当てはラーメン。
komatu019.jpg「味の小松」さんの『和風中華そば』
年末頃かな?TVで「菊の井」の村田さんがおすすめしていたお店です。ラーメン好きの夫に連れられて行ってきました。我ながらミーハーですね。
……正しくはうどん屋さんだけど、ラーメンが有名なお店。以前は高台寺のそばにあったそうですが、清水・二年坂に新しくオープン。カウンター7席ほどの小さなお店、店内はピカピカです。
komatu021.jpg『和風中華そば』880円だったかな?
以前は“裏メニュー”的存在だったそうですが、今は人気メニューのようです。
こういったラーメンは数年振りですが、その私でもわかるくらい"昔ながら"の"シンプル"な感じの醤油ラーメン。食後しばらく経ってもまだ脂っぽい感じがしましたが、夫曰く『このくらいはラーメンなら普通』とのこと。
………やっぱり、ラーメンってよくわからないなぁ。

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ


イル・ギオットーネ@祇園四条

今日のおひるごはんはイル・ギオットーネ(il ghiottone)
八坂の塔のお隣にある一軒家イタリアンレストラン。
店までの道はいい雰囲気。店内は予想以上にカジュアルな感じです。
ilghiottone015.jpg私が5皿のコース(A3675円)夫は6皿コース(B5250円)をオーダー
まず食前に、との事でグリッシーニを。そしてお料理の数々。
印象深かったのは『キハダマグロを炭火で炙り、大根餅とカラスミをのせたもの』京野菜を使ったイタリアンやフレンチのお店は多いけれど、使い方は上手なのかも。

他には『九条葱とどんこ椎茸のバヴェッティーネ』Bコースは『かぶら蒸しとイクラをのせたサーモン 赤蕪ソース』などなど。まぁおいしかったのですが、かぶら蒸しが食べたければ和食屋さんへ行く。コース料理の完成度としても、微妙…。
観光地に近く知名度も高いので観光の途中で寄るには適していますが、ココが特別か?というとそうでもないかな。あと、ナイフが汚れていました。パッと見てわかるほどの汚れだったのでちょっとびっくり。
一ヶ月前予約で、いつ電話しても繋がらず、繋がったと思えば満席。そんな予約の取れないほどの前評判で、私の期待値が高過ぎたのもあり?(辛口でスミマセン)

テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ


MALEBRANCHE@京都・北山

今日は夫の誕生日。昨日の「PATISSERIE AU GRENIER D’OR」(パティスリー・オ・グルニエ・ドール)に続きケーキを購入。といっても、二日連続だから小さいケーキでお祝いです。
選んだのは知人おススメのお店、北山が本店の「MALEBRANCHE」(マールブランシュ)さん
京都駅の伊勢丹や四条烏丸の大丸にも入っている大手だからと安心していたら、異常に混んでいます。まぁクリスマスイブだから当たり前か。しかも、今日は時間指定の取り置きができないという事で、夜食べるつもりなのに、夕方購入。スポンジやクリーム、大丈夫かなぁ。。。
"苺の森" 693円…このサイズで。クリスマス特別価格とはいえ東京でも無いくらいの立派なお値段です、
冷蔵庫保存していたので、パサ付くかちょっと心配でしたが、なんとか大丈夫そうです。
シンプルですがイチゴがふんだんに使われたショートケーキでした。

PATISSERIE AU GRENIER D’OR@京都・堺町錦

今年のクリスマスは京都で。となると、当然ケーキが問題。。。
いろいろ聞いたところ、評判の良い「PATISSERIE AU GRENIER D’OR」(パティスリー・オ・グルニエ・ドール)に決めました。オーナーシェフパティシエの西原金蔵氏は仏の三つ星レストラン「アラン・シャペル」、(株)資生堂パーラーなど国内外の名店でシェフパティシエを務めた方。ちなみに『グルニエ・ドール』とは『金の蔵』という意味だそうです。
GRENIERDOR48.jpg
お店は京都観光でも有名な錦市場から少し上ったところ。
季節的な事もあり、さずがに混んでいる。そしてショーケースの中もちょっと寂しい。。。
もちろん"ピラミッド"490円、そして少し悩んで"モンブラン"530円を選びました。
スペシャリテでもある"ピラミッド"は見た目だけでなく食べてもまたインパクト大!中はチョコレートのムースなのですが、上質な生チョコレートを食べているかのようで大変美味しい♪ それに比べると"モンブラン"は普通…かな。京都にしてはちょっと高価ですが、東京では普通のお値段だし、納得の味。評判通りのお店。オペラやイチゴのタルトも美味しそうでした。

明日は夫の誕生日。またケーキ購入予定♪
北山が本店の有名店「MALEBRANCHE」(マールブランシュ)さんの予定です。

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ


味味香@京都市中京区

今日はカレーうどんの気分、ということで「味味香」(みみこう)へ
京阪三条駅にほど近い、カレーうどんの有名店。名物の甘きつねをはじめ、豚角煮カレーうどん、中華そばを使った京風カレーラーメンなど、いろいろなカレーうどんがある。
連れは牛カレーうどん(730円)のスタンダードの辛さ
私は平日のランチセット(650円)ちく天カレーうどんの倍辛(スタンダードの倍の辛さ)とかやくご飯(香の物付)うどんを小にしていただきました。
おすすめというちくわの天ぷらがはいったカレーうどん
うどんは細めでやわらかな京風、とろみのあるカレー出汁はとてもなめらか。倍辛でも辛すぎず、香りすぎず。のどごし重視、といった感じ……食べやすいけれど、うーん、微妙。カレーうどんに特化したお店ということで、期待しすぎたのかなぁ。。。ココ数ヶ月で「山元麺蔵」「おかる」「岡北」「辨慶」ほか、京都のいろいろなお店でカレーうどんを食べました。タイプはそれぞれですが、少なくとも上記三軒のほうが私は好きかも。

お値段お手頃、昼12時から深夜3時までと営業時間も長く、使い勝手は良いようです。必要に応じて紙エプロンを貸してくれるのも嬉しい気遣い。

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ


近又@京都・御幸町通四条

享和元年、近江屋又八が京にひらいた商人宿「近又」
2001年『国の登録有形文化財』に登録されたという、典型的な京町家のたたずまい。
入口には煙草盆がおかれ、香がたかれている。とても良い雰囲気です。
今日はテーブル席で7000円の昼懐石コースをお願いしていました。なので、そのまま玄関を横切り、次のお部屋に。テーブル席の部屋は新しくしつらえたよう、壁にはヒロヤマガタのリトグラフ……うーん、期待していた風情が無いのは残念ですが気軽に和食をいただきたい方には良いのかも?

まず焼き締めブリと柿の利休味噌和え、お造りは鯛とアオリイカ。
蒸し物は甘鯛のかぶら蒸し、次の煮物椀は鶉と聖護院蕪の炊き合わせ。この2品は本当に美味。安っぽいコメントするのがためらわれるぐらい私好み。
続く焼き物はさわらの西京漬。
そして雑炊。食べきれないほどたっぷりです。
クリスマスをイメージした柿のババロアと抹茶で〆。

女将さんだけでなく、最後にはご主人も挨拶に来てくださいました。
その時に『建物・中庭を拝見させていただけますか?』とお聞きしたところ、快諾してくださり、お忙しい時間帯にもかかわらず、ご主人が案内してくださいました。気さくなご主人は七代目。奥のお部屋も見せてくださり、明治頃の写真なども説明してくださいました。
お座席のお部屋では料理も値段もちょっと変わります。たしかに雰囲気はお座席のほうがはるかに良いので、満足感も高そう。
kinmata024.jpgkinmata026.jpgkinmata097.jpg
お料理は手間暇かけられたことがわかるもので、味だけでなく器も楽しめるものでした。
ただ、先日うかがった「桜田」さんや「草喰なかひがし」さんと比べてどちらが満足度が高いかというのは、人それぞれかもしれません。…ちょっと厳しいかなぁ?

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ


ガスパール ザンザン@京都市中京区六角

『大人のお子様ランチ』を食べに「Gaspard zinzin」(ガスパール ザンザン)へ
京都で人気のランチタイムは3部制 第1部11:30~ 第2部13:00~ 第3部14:30~
平日と思って甘く見ていたら、やっぱり満席。なんとか第3部に入れました。
店内は気軽なビストロといった雰囲気。私はカウンター席へ通されました。
zinzin010.jpgランチメニューは『大人のお子様ランチ』(1050円)のみ。
・スープ(月替わり)オニオングラタンスープ
・サラダ2種 人参とインゲン ・バケット
・パスタ又はリゾット(月替わり)トマトソース
・メイン料理(8種くらいの中から選ぶ 羊ミンチ肉のトマト詰めのロースト)
・自慢のグレープフルーツプリン +300円で豪華版に
・エスプレッソ(またはクレープフルーツのフレーパーティー)
zinzin012.jpgzinzin017.jpg人気のプリンは京都駅で購入して既に味わっていたのですが、今回は+300円で豪華版にしていただきました。
グレープフルーツプリンの上にグレープフルーツのジュレを重ね、更に、グレープフルーツとカンパリのグラニテがたっぷり♪
「三層を一度にすくってお召し上がりください」とのことで、あふれんばかりに盛られたグラニテと格闘し、なんとか三層すくい口に入れると、まずグラニテがすーっと爽やかに溶け、プリンのまろやかさ、ジュレのフレッシュな酸味。後味はグレープフルーツの香りとほんのり苦味が広がって♪ スペシャルもシンプルもどっちもうまー。

トマトソースは酸味とクセが、羊肉は火の入り加減が、それぞれちょっと気になったけれど、他はおいしくいただきました。お料理ひとつひとつの味は予約する程か?とも思うけれど、このお値段でこの内容・このボリューム。。。エスプレッソもちゃんとしたものだったし、たしかに、かなーりお得です。

そして、このお値段にも関わらず、接客がきちんと良い。
テーブルの上に名前が書いてあったり、プリンのテイクアウトだけのお客さんにも外までお見送りをしていたり。ちょっとした気遣いもあり、動きも機敏で気持ちよい。人気のわけがわかった気がしました。
夫にはグレープフルーツプリンのお土産を購入して帰りました。

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ


京都 大原の餅

高島屋の催事で見つけた、餅菓子。あまりに美味しそうだったので3つも購入。
「大原の餅つき隊」と銘打たれていますが、ウチではうどんのつゆでお世話になっている「志野」さん。昔ながらの杵と臼を使った、つきたての杵つき餅だそうです
sinomochi007.jpgよもぎ餅・とち餅(餡なし)と黒豆餅
絵本などできいた事はあっても、食べたこと無かったとちもち。懐かしいような香りと独特の風味が口の中いっぱいに広がります。ところで、栃の実は縄文時代から食べられていたってご存知でした?
大原で採れるよもぎを使った、よもぎ餅も風味が良い♪
黒豆餅は丹波篠山産のおおきな粒の黒豆がごろごろ入って、中は田舎らしいつぶあん。どちらかというとさっぱりした甘み。塩豆がはいった豆餅は知っていたけど、黒豆のお餅は初めて。京都では他のお店でも見かけました。コチラではポピュラーなのかな?
どれもお餅がやわらかくて、おいしかったー。お腹いっぱいです。。

「志野」さんは京都の田舎・洛北の山里 大原で手作りドレッシングやポン酢を製造販売しているお店。保存料や着色料は使用せず、材料にこだわっていて、ポン酢から、しゃぶしゃぶの胡麻だれ、うどんだし、どんぶりだし、めんつゆなど、品数の多さにも驚きます。元々は、とんかつ・一品料理屋さんからはじまったそうですよー。

テーマ:おやつ - ジャンル:グルメ


草喰 なかひがし@京都市左京区

京都でも評判の高い「草喰 なかひがし」についに行ってきました。
「草食(そうじき)なかひがし」は予約が難しい事でも有名。何度もチャレンジしてこの日を迎えました。場所は、銀閣寺手前の交番前。外観はお蕎麦屋さんと見間違えそう?(失礼)
お店のしつらえは12席くらいのカウンター割烹(2階座敷もあるそうです)。
座席の角度のせいか、ご主人の手を動かしている様子も見ることができました。厨房もほぼ見渡せ、中央に朱色の“かまど”『おくどさん』がある。ごはんを出すタイミングの大切さを考えれば、目の届くところにあるのが当たり前なのかも。。。

最初の皿を前にすると、彩りの美しさに思わず「わぁ~」と感嘆の声!それぞれ丁寧に作りこまれたものであることがわかる。
そしてその後も驚きの連続。野菜がふんだんに使われ、量もたっぷり。京野菜の力強い味にも驚いた。素材を生かし、より味を引き出すお料理の数々。
白味噌仕立てのとちもちが入った椀や清らかな鯉のお造り、最後の炭火で焼いためざしとご飯まで、食べ応えのあるお料理でした。ごはんは、まず炊き立て、その後しっかりむれたごはんとおこげをいただいた。二つの釜で時間をずらし、それぞれの組に合わせて炊きあげている。

お店の方達の気遣いも心地よく、次の予約(5ヶ月先)を入れて帰るお客さんが多いというのもよくわかる。
店主の中東さんは、とても気さくな方、時々オヤジギャクも飛ぶ。花背「美山荘」先代主人の弟さんで、ともに美山荘で勤めていたのだが、独立してここにお店を構えたそうです。料理はもちろんですが、ご主人のお人柄もこの店をさらに予約困難にしている理由なのかも。
お腹いっぱいとともに、こころが豊かになる食事。噂どおりのお店でした。ご馳走様でした!

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ


和カフェ「IORI」クリスマス和菓子

大丸京都店にある「笹屋伊織」さんのカフェ「IORI」(イオリ)
老舗和菓子屋さんならではの季節の和菓子だけでなく、創作和風スイーツもいただけるお店
先月に続き12月もイベントに参加してきました。
テーマは『暮らしの中の京菓子』
笹屋伊織十代目女将・田丸みゆきさんのお話と菓子職人さんの実演の後、生菓子をいただけるというイベント。

暮らしにとけ込んでいる京都のお菓子、季節行事を大切にする土地柄ならではですねー。女将がとても話がお上手で面白い!そして他県から京都の老舗にお嫁入りした女将ならではのお話も興味深かった。

実演していただいたお菓子はきんとん。銘は「聖なる夜」見た目通り、クリスマスにちなんだかわいらしいもの。クリスマスといえばケーキのイメージが強いですが、クリスマス和菓子もココ数年よくみかけるようになりました。
作りたてはもちろんとてもおいしかった♪やさしいグリーンに色付けされたそぼろは、口の中ですぅ~っと溶けるなめらかさです。中はつぶあん。さっぱりとした甘さです。
職人さんも気さくな方で、実演中も質問に丁寧に答えてくださいました。笹屋伊織さんのきんとんにはお芋が混ぜ込まれているんですって。上の雪は餅を乾燥させたものだそうです。
前回といい、こういったイベントは楽しいですねー♪

テーマ:和菓子 - ジャンル:グルメ


八起庵@京都高島屋

京都の鶏料理専門店「八起庵」さんの京都高島屋店へ行きました。
デパートの上なんて…と思っていたら大間違いでした。
私は軍鶏丼(スープ・味噌汁・香の物つき) 2000円
夫は鴨なんば(スープ・香の物つき) 1500円
まず最初に鶏のスープ。コクがあってとてもおいしい。
これは期待できそう♪
hakian107.jpghakian105.jpg軍鶏丼、山椒たっぷり効かせた軍鶏の親子丼。玉葱の甘み、うまみがある軍鶏もプリップリ。とろんとした卵は味が濃い気がする。三ツ葉をもっとのせて欲しかったけれど、出汁が甘過ぎないのは良い。

鴨なんば、京風の細めのうどんにぷりぷり鴨と九条ねぎ。脂が浮いて見えますが、あっさりいただけます。九条ねぎの歯応えとだしの味わいもたまりません。
昭和45年(1970年)創業の「八起庵」さんは、直営農場で独自に飼育した鶏と卵を使っているそう。確かに今回オーダーしたどちらも、素材勝負という感じでした。

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ


三嶋亭 ふたたび

創業明治6年の老舗牛肉店・すき焼き店「三嶋亭」へ再訪
misima0102.jpg今日は三階のお部屋です。床の間もですが、天井が素敵だったので思わず写真とりました。
今回のお目当てはサービスランチ \3350
自分で焼くという条件で安くすき焼きが食べられる。
前回は焼いていただいたので、その焼き方を忘れないうちに…ということで。先付け・デザートがないのはやはりお手軽コースだけど、量的にも問題ないです。
misima0101.jpgもちろん鍋は自分達で面倒見るのですが、店の人がこまめに火加減を調節しにきてくれるので安心です。
ただやっぱり、お肉が違うんだなぁ。いやこれも十分おいしいのですが、口でのとろけ具合や食後のカンジなど、前回との差を感じてしまいます。まぁ、お値段もだいぶ違うので当たり前ですけれど。

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ


点邑@京都 中京区 御幸町通三条

創業300年以上の由緒正しき老舗旅館「俵屋」
その俵屋旅館プロデュースのてんぷら屋「点邑」(てんゆう)さん
俵屋出身の料理長が仕切り、宿の料理と同じ食材を使用。質は保証付き。
名旅館の味と本格的な天ぷらが気軽に味わえるときき、ランチに予約。
席は二階、10席程のこじんまりしたカウンターは小さいながらもモダンな雰囲気。期待が膨らみます。三階は個室だそうです。
コースもいいけれど、昼限定の"天ぷらどんぶり"も評判らしい…と悩んでいると、ありました!
"点心天ぷらどんぷり" 小鉢3品+天丼+赤だし+水菓子 3990円
普段はあまり丼ものを食べないのですが、季節の小鉢にも惹かれ、私はコチラを。
tenyu081.jpg柿・蕪・胡瓜の胡麻だれ 蛤と水菜の和え物 スッポン茶碗蒸し 少しずつですが、どれも美味。
そして…来ました天丼♪カラッと揚がって濃いめのたれが絡んだ海老・穴子・蓮根・シシトウなどなど、
夫は"てんぷらコース"5250円
先付+天麩羅(銀杏、海老2、生麩、帆立、南瓜、椎茸、鱚、かき揚げ(天茶or天丼)+水菓子
旬の素材というのは勿論ですが、生麩なんていうのも面白い。
そして塩の隣には黒い粉。山椒の皮を挽いたものだそうです。通常の実を粉にしたものより香りが穏やかで天麩羅に合うそうです。
天麩羅アラカルトが無いのは残念ですが、コースの組み立ては満腹満足。

『名旅館俵屋のもてなしを』というhpがありましたが、サービス的にはそうでもなかったけれど(スタッフの動きが慌ただしいのと、予約なしのお客を断っているのがみえるので若干落ち着かない)内容的には、十分納得のおひるごはんでした。
コース内容は、先日うかがった「八坂圓堂」さんより良かったかも。ただし「八坂圓堂」さんのほうが落ち着けて飲める雰囲気。…好みが分かれそうです。

テーマ:♪おすすめ♪ - ジャンル:グルメ


ロンドン焼@京都 新京極

新京極商店街を歩くと、レトロな看板とガラス張りの機械に目を奪われる。
「ロンドンヤ本店」さんのロンドン焼。
londonya817.jpglondonya820.jpg通るたび、いつも気になっていたのですが、やっと購入してみました。
卵と蜂蜜をふんだんに使用した生地に白餡入りのカステラ饅頭。
バラ売りもでき、1つ52円。安!
まだ、ほんのりあたたかくて、ふんわり柔らかい、二口サイズの小さな幸せおやつ。白こしあんは甘さ控えめ、お茶にもコーヒーにもあいそうです。
食べ歩きをしている人も見かけます。
ひよこのレトロなパッケージもかわいらしい。
乳製品を使用していないので、2,3日は常温保存OKというのもうれしい。(固くなったら温めなおしを )

テーマ:おやつ - ジャンル:グルメ


和カフェ「IORI」のイベント

大丸京都店地下1F奥にあるカフェ「IORI」(イオリ)
1716年創業の京都老舗和菓子屋「笹屋伊織」がプロデュースしたお店です。白が基調のお洒落な店内で和菓子や創作スイーツがいただけます。また、時々イベントも企画されています。
11月のイベントは『宇治茶 茶壺の口切り』~旬の抹茶の美味しい点て方~
お茶匠 堀井七茗園の社長で日本茶インストラクターの堀井長太郎氏のお話をお聞きしながら、笹屋伊織さんの上生菓子をいただけるというもの。
宇治のお茶屋さんならではの興味深いお話をきき、お濃茶まで練っていただき、お薄茶は自分で点てる。楽しいイベントでした。

お菓子は11月ならではの"亥の子餅"
いのししの子に見立てたお餅「笹屋伊織」さんのものは、中がこし餡で背に黒胡麻が。
今年は東京で「さゝま」さんの、京都で「老松」さんの"亥の子餅"もいただいていますが、同じお菓子でもお店の個性が現れるものですね。それぞれ工夫されていておいしかったです。
ちなみに今年の亥の日は11月7日と19日。亥の刻は午後9時~11時です。

・亥の子餅について 霜月のお菓子

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記




ジャンル別カテゴリ


最近の記事


プロフィール

noricha

Author:noricha
神田生まれ さいたま育ち
2010年5月に代官山から六本木(赤坂寄り)に引越しました。行動範囲もこれから変化していくでしょう。
dietを気にしつつも、誘惑に負けっぱなしの毎日です

あそびにきていただきありがとうございます。コメント・トラックバックも大歓迎♪でも記事と無関係なものは削除させていただく場合もあります。
よろしくおねがいします。


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


月別アーカイブ


カウンター



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


最近のコメント


最近のトラックバック


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。