食いしんぼーは今日も行く
まいにちおいしくたのしく。たべもの中心な日々の記録 
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブーケ・ド・フランス@六本木

小雨降る中、六本木で待ち合わせ。国立新美術館に行くという両親とランチ。
目当てのお店はブーケ ド フランス(Bouquet de France)
DSC06269.jpgそんなに頻繁じゃないし、ランチばかりだけど、もう7-8年通ってます。
美味しいのはもちろん、値段も手頃。マダム原田さんの料理やワインの説明も楽しく、気取らずに楽しめるこじんまりしたお店。
父の退院祝い&ちょっと遅れた母の日ということで、私が二人を招待。

まずは食前酒。父は日向夏風味のジントニック。母はトマトを、私は佐藤錦を、シャンパンで割ったもの。飲みやすくておいしーい♪

私のお財布を気にしてか?結局三人とも2500円のランチコースに。
前菜とデザートを5種から、メインは魚か鶏肉かを選ぶことができます。

突き出しは、ひとくちサイズのシューに豚リエットを詰めたもの。
前菜、父はパテ・ド・カンパーニュ。母はキッシュ。私は画像上のブータンノワール(豚の血のソーセージ)。ここは以前から豚肉が評判ですが、内臓系もおすすめです。
それぞれグラスワインを選び、メインへ。魚(画像下)はちょっと塩が強めでした。下に添えられていたのは仏産の野生のアスパラ、初体験。
デザート、私は定番のプリン♪ふたりはアスパラのアイスとマンゴーソルベ、マルキースショコラ。最後のプチフールまできっちり手作り。

両親も満足してくれたようです。重すぎず、ちょうど良い量でした。ガッツリ食べたい方には3500円コースでお肉メインやチーズをお勧めします。
木曜だからか天気のせいか、私たちだけ。ゆっくりできました。

ブーケ・ド・フランス 訪問歴
・2007年4月 Bouquet de France@六本木
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ


オンジェナ@代官山

今日のおひるごはんはしっかり定食が食べたくなって、代官山駅から徒歩5分くらい、地下のお店「韓国家庭料理 オンジェナ」へ行きました。
DSC06240.jpg夫は定番のランチ『牛焼肉丼』
私は『タッカルビ』(スープ・サラダ・キムチ・小鉢・韓国のり付)
つまりは鶏野菜炒め。ピリ辛ジューシーな鶏肉のおいしさを味わえました。
スープ・ご飯・コーン茶はおかわりができます(ってお腹いっぱいなんだけどー)

平日ランチはALL950円、土日はほかに1100円くらいの定食もある。
リーズナブルです。

韓国料理というと、いつも新大久保のほうに行ってしまうけれど、ここの夜メニューも種類多く、お酒も豊富のよう。今度はケジャンなども食べてみたいな。

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ


和菓子講習

和菓子講習会に参加しました。花園饅頭@新宿の職人さんを先生としてお招きして、『流し物』=煉羊羹ねりようかん と『打ち物』=干菓子(和三盆)を作りました。
以前、上生菓子(練切)や若鮎を作ったことはありましたが、干菓子は初めて。楽しみです。
羊羹とは、本来“羊の羹(あつもの)”つまり鎌倉時代頃は羊肉入りのとろみのある汁物だったそうです。その後、蒸羊羹に近いものに変化し、江戸時代になって寒天が発見されてから、現在のような煉羊羹が登場したそうです。

先生がお店から餡などの材料を持ってきてくださったので、大きな銅鍋で量った材料を煮る。鍋の中が変化していく様は面白いけれど、作業としてはひたすらかき回すのみ。。。
その後、持参したタッパーに流し込み、固まるのを待ちます。

DSC06251.jpgDSC06253.jpg「和三盆」は風味と口どけのよさを最も大事にした干菓子。原料の和三盆糖は舌触りのよさと程よい甘みが特徴の四国でとれる純国産の砂糖。ちなみに「落雁」は、麦・小豆・大豆などの粉に砂糖や水飴を加え押し固めたもので別物です。今回作るのは、徳島産の和三盆糖に少しの水と食紅などで色をつけ、木型にいれ、打ち出す。

季節に合わせ、なでしこ・青かえで・あやめ等、5種類の型に合わせ色を作る。同じピンクでも微妙に色を変えるなど、さすがです。
いよいよ打ち出し。先生の手元をよく見ておかないと、あっという間に出来上がってしまう。型に入れるだけで簡単そうだったのに、実際にやってみると花びらや弁がかけてしまい、なかなかきれいに出来ず難しいです。
作業に戸惑いながらもなんとか完成!

持ち帰り、干菓子は三日後お稽古場に持ち込み、先生や社中の先輩方にも召し上がっていただきました。
きめ細かく上品な口ほどけとコクのある甘みで皆さんに褒められましたが、結局「花園饅頭」さんの使っている徳島産の和三盆糖が良いものってことです。。。

煉羊羹は羊羹好きの父にもお裾分け。最近は羊羹を食べる機会も無く、また、いただいたとしても、ひとくちサイズのような個別包装のものが多かったのでタッパーに流し込んだ羊羹はなんと言うか、堂々たる風格。羊羹本来の醍醐味と舌触りを感じました。
しかし、大量に砂糖を投入していたのでおそるおそる食べたのですが、意外にも?上品な味わい。そう考えると市販の羊羹はカロリー高いはずですねー。

おいしい和菓子も日本の伝統美。楽しくて、もっと他の種類の和菓子も作りたくなりました。
そして道具を大切に扱い、材料を無駄にしない、そんな先生の姿勢も感動。見習いたい。

テーマ:手作りお菓子 - ジャンル:グルメ


ひさしぶりにラヴァンデリ

本日のおひるごはんは、恵比寿駅前のサンドイッチ・カフェ「Lavanderie」(ラヴァンデリ)
メニューを一通り制覇して以来、ご無沙汰でした。
DSC05914.jpg私はスープ+パンのセット 700円
いろいろな野菜とパンが入ったスープはそれほど期待していなかったけれど、予想以上。それと、4種類のパンを少しづつ楽しめるセットです。
相方はクロックムッシュとクラブハウスサンドのセット 900円

2Fは席数も多くのんびりできるので、続いていて欲しいお店です。

ラヴァンデリ 訪問歴
・モーニングプレート&クロックムッシュ ラヴァンデリ@恵比寿 朝食
・うまうまBLTサンド 再び ラヴァンデリ@恵比寿
・タルティーヌ&クラブハウスサンド ラヴァンデリ@恵比寿


日吉屋@清澄白河

東京都現代美術館へはじめて行きました。
目的は「大岩オスカール:夢みる世界展
大岩オスカール氏の日本初の大規模な個展。とっても素敵でした。
初期から最新作まで。氏の特徴である大きな画面の油彩、それを東京都現代美術館の大きな展示空間でじっくりと堪能しました。

DSC06042.jpgその帰り道、そば屋を見つけました。
「日吉屋(ひよしや)」さん。
そばは産地指定で、石臼自家製粉しているらしい。そして深川丼の張り紙。期待できそうです。
一時近く、片付けきらないようでしたが、座れました。
DSC06045.jpgDSC06046.jpgDSC06047.jpg私は『元祖 江戸時代の深川丼(小そば付)』1300円
丼じゃないんだーというのが、第一印象。お櫃ごはんとアサリ、葱、わかめの小鍋。お椀に蕎麦が少量ついてきますが、つゆでもアサリの汁で食べても良いとのこと。
二八で、太め固めの田舎蕎麦風。ですがブツブツと切れてしまい、蕎麦が手繰れない。歯応えしっかりと言えば聞こえは良いが若干ぼそぼそ感も有。
夫は『季節のてんぷら』600円と『もりそば(大盛)』900円
『季節のてんぷら』こごみやたらのめ、ふきのとうなど 春の山菜のてんぷら4種。岩塩を自分で剃っていただきます。
『もり(大盛)』最近、量の少ない蕎麦屋さんが多いので、ちょっと引くぐらい大盛り。本わさびを自分ですリ下ろす。つゆの他に天麩羅と同じく岩塩も付いてくる。蕎麦を塩で食べるのはじめてだわ。。。しかし、山葵と岩塩をすりながら食べると忙しい。
蕎麦湯の器がディズニーキャラクターグッズなのは何とかならないのか。。。

その後も私たちが帰るまでお客さんは切れませんでした。
しかし、日吉屋は大正六年創業で、江戸生まれの食べ物に「元祖」って。。。?

テーマ:蕎麦屋 - ジャンル:グルメ


le jeu de lassiette@代官山 春

今日のランチは「ル・ジュー・ドゥ・ラシエット」
何度か伺っていますが、どれもハズレ無く美味しく体に優しいカンジで、老若男女問わず食べやすい味だと思います。店内も明るく品があり、人を誘いやすいです。
legerコース(前菜+魚+肉+デザート)3500円
DSC06031.jpg『クレソンの冷たいスープ』スープの中には塩のジュレ、右上はアオヤギソテーとクレソン
夫は『温かいアスパラガスとベーコンのクルート』
本日の魚料理は 真鯛のポアレ でした
DSC06033.jpgDSC06034.jpg『熟成牛イチボ肉のロティ 新じゃが芋のソース』イチボ!ほんとうに美味でした。
彼は『本日の肉料理 ハツ(心臓)』
レアに近い状態で、食感も良い。添えられた果物との相性も◎。
DSC06036.jpgDSC06037.jpgグレープフルーツの冷たいガトースフレ
サクランボビネガーソテー ショコラブランのアイスクリーム添え
今日も満腹満足☆ 食材の色が映えていたのが印象的でした。

Le jeu de l'assiette  訪問歴
・年始の Le jeu de l'assiette@代官山
ル・ジュー・ドゥ・ラシエット@代官山

テーマ:Lunch♪ - ジャンル:グルメ


のあや@町田

西武百貨店 池袋本店の催事でみつけました。
町田市にあるオーブンフレッシュベーカリー「のあや」さんのパン。今回は2品購入。
DSC06024.jpg『天然酵母ライ麦メテイユ ドライフルーツ』小
ライ麦20%入りの生地にレーズン・クランベリー・オレンジピールが混ぜこまれたもの。ライ麦特有の酸味はほとんど無く、つまったかんじの重めなパン。食べやすいです。
名前忘れた、かぼちゃパン
うらごしカボチャを生地に練りこんだふんわりパン。中にはカボチャ甘煮の角切りが。上にはピスタチオがのっている。

催事では菓子パンが多かったのけれど、HPをみるとハード系もいろいろ作っているようです。
DSC06028.jpgDSC06026.jpg

テーマ:パン - ジャンル:グルメ


牧場の瓶ヨーグルト 2

おいしかったのでまた買っちゃいました。こんどはイチゴ味!
「南日本酪農協同株式会社」の瓶入りヨーグルト
『牧場の瓶ヨーグルト あまおう苺』
やっぱり酸味は少なく、クリーミィでリッチなかんじ。ヨーグルトっぽくないヨーグルトです。
前回のマンゴーには記載がなかったけれど、原材料をみるとこちらはクリームが入っている。
単にストロベリー、ってだけじゃなく『あまおう』と銘柄指定もありこだわりを感じる。果汁2%。
しっかりスイーツだ。おいしー。

・牧場の瓶ヨーグルト1 アルフォンソマンゴー

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ


牧場の瓶ヨーグルト

5月15日はヨーグルトの日なんですって。いろんな日がありますねー。
DSC06009.jpgそれに因んで「南日本酪農協同株式会社」さんの『牧場の瓶ヨーグルト アルフォンソマンゴー』
乳脂肪分3.5%これって多いのかな?酸味は少なくとってもクリーミィ。マンゴーピューレ入り果汁4%。ヨーグルトっぽくないかんじですが、おいしー。よくできたデザートだと思います。

最近、瓶入りのプリンをよく見かけますが、瓶入りヨーグルトは子どもの頃とっていた宅配以来。紙の蓋も懐かしい。

ヨーグルトをほぼ毎日食べている私ですが、いつもは乳酸菌などにこだわったようなプレーンタイプのものばかり。でも、こういったものもおいしいですね。
お子さんのおやつにも良さそうです。
大丸ピーコックはイチゴ味もありました。
DSC06014.jpg

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ


池之端 薮蕎麦@湯島

小雨が降り、気温も低い。まるで季節が戻ってしまったよう。
今日は上野へ。東京芸術大学 大学美術館『バウハウス・デッサウ展』と東京都美術館『芸術都市パリの100年展』ひさしぶりに展覧会をはしご。
合間におひるごはんへ。不忍池をぐるっとまわって「池之端 薮蕎麦」(いけのはたやぶそば)
薮御三家といえば、神田・並木・上野の薮ですが、池之端もなかなかおすすめです。
DSC05925.jpg風情があり明るい店内。
椅子席と座敷、そして2階もあるようです。店員さんはきびきびしていて感じがいいです。客層は高め、皆さんビールや燗酒をやっておられました。お酒を頼む客が多いせいか、言わないとお茶も水も出てきません。(言うとすぐ、持ってきてくれました。香りの良い蕎麦茶、美味です)
つけ汁は辛く濃いめ、だから(?)つゆの量が非常に少ないです。蕎麦自体もざるを逆さに使っていて、中央が盛り上がっているので見た目より量は少なめです。細く喉越しがいいそば。蕎麦湯の量が多いのが印象的でした。
今回のオーダーは、鴨ざる・かしわ南ばん・ざるで3000円強。ざるが600円だったと思う。肌寒い日は鴨ざるやかしわ南ばんが美味しいですねー。

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ


維新號の肉まん

母からもらった維新號(いしんごう)のにくまん。経緯はコチラ
飲茶気分で野菜の小鉢を数種とともに、おおきな中華饅頭三種類を夫と半分づつ。
大きいので、ウチの蒸し器にはひとつづつしか入りません。しかも蒸し時間は1回15分以上。
『にくまん』北海道産の貝柱の旨味、食べごたえもある。いろいろな中華まんを食べていますが、具がよくても、皮がパサパサ、ざらざらしていたりするお店もありますが、これは皮がむっちりおいしくて大満足。
『ラーパオ』筍入りピリ辛にくまん。コクがあって、でも後味は意外にさっぱり。三種のなかでは一番かも☆
『からしなまん』あっさりめの塩味、からし菜いっぱいに海老ひとつ。おいしいけど…このサイズ、一人で食べたら飽きそう。野菜まんなら聘珍楼のほうが好きだなぁ。
DSC05922.jpg
保存料・発色剤・調味料(アミノ酸等)などが無添加なのも安心です。
四谷維新號と出ていましたが、銀座や赤坂とは姉妹店なのかなぁ?

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ


カポラヴォーロ デル ジョトォ@三越前

両親の買い物に付き合い、今日は日本橋三越本店へ
本館B1「GIOTTO」のイートイン「カポラヴォーロ デル ジョトォ」でひとやすみ。

「GIOTTO」(ジョトォ)は「グラマシーニューヨーク」「キース・マンハッタン」「BUZZ SEARCH」と同じく、名古屋の製粉業者(丸信製粉)が母体の「プレジィール」という会社が展開しているお店。高島屋、大丸など各百貨店・JRエキナカとブランド提携してそれぞれオリジナルショップを出店している。そのなかで「GIOTTO」(ジョトォ)は三越という括り。
イートイン限定のデザートを2種
『ジョトォ プレート』
(コーヒーor紅茶付)1500円人気のケーキをミニサイズにした盛り合せ。
内容は『ジョトォ』=苺のショートケーキ『モンブラン』=和栗のモンブラン『フェデリコ』=チョコレートのムース系ケーキ、そしてフルーツが添えられたもの。ケーキはそれぞれ小振りですが、全体としてはかなりボリュームがある。
『フェデリコ』が濃厚で一番お気に入りでした。でも、定番ショートケーキ『ジョトォ』もスポンジはしっとりと柔らかく美味。フルーツも香りの良いソースと和えてあるのかな?意外に手が込んでいるプレートでした。
DSC05909.jpg母はたっぷりの黒密ゼリーの上にアイスクリームや小豆、白玉団子などが盛りつけられたパフェのような迫力のデザートを。

「カポラヴォーロ デル ジョトォ」は通路を挟むような形でカフェスペースが作られていますが、ソファ席だったためか、わりと落ち着けました。平日だし意外に空いていてからかな?

奢ってもらっちゃったので、別れ際、両親に「クラブハリエ」の焼きたてバームをプレゼント。すると、母からは「維新號」の肉まんをお土産にくれました。。。なんだか、母の日も近いのに、全然親孝行じゃないかも。

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ


レストランのチョコレート

先日出席したパーティのお土産 その時のログはコチラ
御茶ノ水のフレンチレストラン、ビストロ備前特製の生チョコレート。
手づくり感のあるトリュフチョコレート。濃いめに入れた紅茶とともにいただきました。
粒は大きいですがまろやかなめらかで、夫はあっという間に2つ、3つと食べてしまいました。
ビストロ備前 訪問歴
ビストロ備前@御茶ノ水

テーマ:チョコレート - ジャンル:グルメ


土山人の変わり蕎麦

GW最終日。よく晴れて、お散歩日和です
代官山付近は観光客などでいっぱいですが、中目黒は駅から遠ざかると人もまばら。目黒川沿いは桜の木々の葉が青々と繁りさわやかな風が通って、まさに『風薫る季節』という感じです。

「土山人」は地下の店ですが、窓も大きく、店内には明るい日差しが入ってきます。
今日のオーダーは以前も食したメニューばかりでしたが(だし巻き関西風・蕎麦がき など)
ちょっと変わったところで、季節の変わり蕎麦『檸檬切り』を頼んでみた

季節感と色あいを楽しむことができる変わり蕎麦。でもこの『檸檬切り』見た目は更級蕎麦のような色で黄色く無い。そしていまひとつ香りが弱い、というか淡い。
最初はなにもつけずに召し上がってくださいとのこと。そのまま口に入れると檸檬の上品な風味がふわっと広がります。
最初の印象とは異なり、爽やかで今日の気分にぴったり!辛味大根を添えるとまた変化がつき、とてもおいしくいただきました。
ちなみに夫は今日も温かいかけそば。なめこおろし。ここのお出汁は夫のお気に入りです。
土山人 過去の訪問歴
東京 土山人@中目黒
土山人でランチ
土山人 ついでにお花見

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ


中国名菜 孫@六本木

新国立美術館へモディリアーニ展を観に行きました。
おひるごはんは「中国名菜 孫」、前を通るたびに気になっていたお店です。
ブーケ ド フランス」のある通りの美術館寄りに昨年秋オープン、といっても、東京ミッドタウン前にあった人気店「龍坊(ロンファン)」が店名を変え、移転リニューアルオープンしたそうです。

店内内装はシック、地下のためか若干暗めですが、落ち着ける。客層も年齢層お高め。
料理長は中国料理の世界で最上級の称号である“特級技師”の資格を最年少の25歳で獲得した孫成順さん。NHKを中心にTVにもたびたび出演しているそうで、言われてみれば観たことあるお顔が厨房に。
お料理は宮廷料理の流れを汲む、北京の郷土料理をベースにした「ヌーベルシノワ」
私は『北京式 黒酢の酢豚』(スープ・おかず2品・デザート付)
夫は『鴨と野菜の辛味炒飯』(スープ・漬物付)
蟹と豆腐のスープは優しいお味。
メインの酢豚(画像)は通常とは違い、大量の肉と少量の葱のみ。片栗粉をつけ揚げられた肉はモッチリ柔らかく、甘めの味付け。
サンマの煮付け、鶏と大根の煮物ともに美味。
デザートはマンゴープリン。食後のひんやりさっぱりデザートで満足度もあがる。

夫の炒飯は塩味のシンプルなものに見えましたが、相当美味しかったようです。

立川と赤坂に支店があるらしい。
食後、料理長が厨房から出てきて見送ってくださいました。
夫の気に入り様からすると、近いうちに再訪しそうです。

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ


ビストロ備前@御茶ノ水

御茶ノ水駅の聖橋口、新御茶ノ水駅からすぐの「ビストロ備前」
備前焼の器を使うことでも有名なフレンチレストラン。
夫は以前勤務先が近くだったため、ランチに利用したことがあったそうですが、今日は2階を貸切りで従兄弟主催のパーティ。
シェフは仏3ッ星レストランを渡り歩いて修行した方だそうです。
パーティメニューは肉・魚貝・野菜などがバランスよく組み立てられていました。ワインの品揃えもなかなかで、飲んべえが多い親戚達、あっという間にボトルがあき、徐々に値段の良いものをあけていったようです。。。名物というフォアグラ丼もいただき、満腹満足。
DSC06039.jpg釉薬も絵付もない。土の形を整え、ただ高温の炎で焼く備前焼。そこで様々な変化をとげる。現れる紋様は、自然と陶工とが生み出した共同作業のよう。そんな備前焼の器は花入などでひとつ使う、というイメージでいましたが、テーブルすべてが備前焼!というのははじめて。なかなか壮観でした。

写真はお土産のチョコレート。
レストランのチョコレート

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ




ジャンル別カテゴリ


最近の記事


プロフィール

noricha

Author:noricha
神田生まれ さいたま育ち
2010年5月に代官山から六本木(赤坂寄り)に引越しました。行動範囲もこれから変化していくでしょう。
dietを気にしつつも、誘惑に負けっぱなしの毎日です

あそびにきていただきありがとうございます。コメント・トラックバックも大歓迎♪でも記事と無関係なものは削除させていただく場合もあります。
よろしくおねがいします。


カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


月別アーカイブ


カウンター



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


最近のコメント


最近のトラックバック


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。