食いしんぼーは今日も行く
まいにちおいしくたのしく。たべもの中心な日々の記録 
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Les enfants gates@代官山

今日は「Les enfants gates」(レザンファン ギャテ)でおひるごはん
いままで頻繁に店の前を通り、中を覗きつつも『テリーヌ専門のお店ってワインをがんがん飲む人向けじゃない?小さい店内のわりに立派なバーカウンターもあるしぃ…』と偏見をいだいていたワタクシ…本当に浅はかでしたっ。
実際は間口は小振りながらも奥行きある店内、お酒を飲まない夫も納得のお料理でした。
DSC04582.jpgDSC04583.jpgDSC04584.jpgランチはテリーヌがメインのコース(3150円)とテリーヌは前菜で魚か肉を選ぶコース(5775円)の2種類。
テリーヌは定番のほか季節メニューなど8種類もあり、どれも興味をそそられます。悩むのもまた楽し。
今回は二人ともテリーヌがメインのコース(アミューズ・スープ・テリーヌ1品・サラダ・カフェ+タルト)

まずはアミューズまでテリーヌの形!と笑った『ジャガ芋と鱈のブランダード』あっさりとして美味。この後の期待がふくらみます。

『蕪のポタージュ』穏やかな味わい。さいのめ切りの蕪や葉も入っている。

そしてテリーヌ
夫は『桜のチップでスモークした活帆立貝、地鶏胸肉とポロ葱のテリーヌ』写真がうまく撮れなかったのが悔しいくらい、芸術的で美しい!
私は『最低2週間熟成させたシェフ自慢の田舎風テリーヌ、自家製ピクルス』料理名がすべてを物語っていますが、たしかに自慢するだけのことはある。味わい深い、十分メインになるテリーヌ。お肉とレバーとフォアグラ、香草…計算されているんでしょうねー。ピクルスや粒マスタードなどでひとくちづつ変化をつけ、楽しめる一皿でした♪

ロブションのをやや大きくしたような形のミニバゲットやプティパンも、もっちり系でおいしかった。群馬県から冷凍で取り寄せているんですって。

最後にカフェと酸味の強い濃厚タルト・オ・ショコラ、苦味の利かせたキャラメルのソルベ。どちらも甘さ控えめ大人の味わい。
これはコースで言うところの、デザート後のプティフールなんですね。

彼は量的にやや物足りなさそうでしたが、私には十分満ち足りた食事でした。これはテリーヌの選び方のせい?このコースはいつもなら前菜のテリーヌをメインにするのだから、選ぶテリーヌによって満足感が変わると思う。…彼のテリーヌは前菜向きだったのかも。

最近は当然の様にランチでもサービス料10%つけるお店が多いよねー…まぁ仕方ないか。
テーブルの間隔が狭いので少し落ち着かなかったけど、お隣の『フォアグラテリーヌ、柿とブリオッシュ添え』も美味しそうでした。
持ち帰りもできるようなので、今度利用してみようかな。

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




ジャンル別カテゴリ


最近の記事


プロフィール

noricha

Author:noricha
神田生まれ さいたま育ち
2010年5月に代官山から六本木(赤坂寄り)に引越しました。行動範囲もこれから変化していくでしょう。
dietを気にしつつも、誘惑に負けっぱなしの毎日です

あそびにきていただきありがとうございます。コメント・トラックバックも大歓迎♪でも記事と無関係なものは削除させていただく場合もあります。
よろしくおねがいします。


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


月別アーカイブ


カウンター



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


最近のコメント


最近のトラックバック


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。