食いしんぼーは今日も行く
まいにちおいしくたのしく。たべもの中心な日々の記録 
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中国名菜 孫@六本木

新国立美術館へモディリアーニ展を観に行きました。
おひるごはんは「中国名菜 孫」、前を通るたびに気になっていたお店です。
ブーケ ド フランス」のある通りの美術館寄りに昨年秋オープン、といっても、東京ミッドタウン前にあった人気店「龍坊(ロンファン)」が店名を変え、移転リニューアルオープンしたそうです。

店内内装はシック、地下のためか若干暗めですが、落ち着ける。客層も年齢層お高め。
料理長は中国料理の世界で最上級の称号である“特級技師”の資格を最年少の25歳で獲得した孫成順さん。NHKを中心にTVにもたびたび出演しているそうで、言われてみれば観たことあるお顔が厨房に。
お料理は宮廷料理の流れを汲む、北京の郷土料理をベースにした「ヌーベルシノワ」
私は『北京式 黒酢の酢豚』(スープ・おかず2品・デザート付)
夫は『鴨と野菜の辛味炒飯』(スープ・漬物付)
蟹と豆腐のスープは優しいお味。
メインの酢豚(画像)は通常とは違い、大量の肉と少量の葱のみ。片栗粉をつけ揚げられた肉はモッチリ柔らかく、甘めの味付け。
サンマの煮付け、鶏と大根の煮物ともに美味。
デザートはマンゴープリン。食後のひんやりさっぱりデザートで満足度もあがる。

夫の炒飯は塩味のシンプルなものに見えましたが、相当美味しかったようです。

立川と赤坂に支店があるらしい。
食後、料理長が厨房から出てきて見送ってくださいました。
夫の気に入り様からすると、近いうちに再訪しそうです。

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




ジャンル別カテゴリ


最近の記事


プロフィール

noricha

Author:noricha
神田生まれ さいたま育ち
2010年5月に代官山から六本木(赤坂寄り)に引越しました。行動範囲もこれから変化していくでしょう。
dietを気にしつつも、誘惑に負けっぱなしの毎日です

あそびにきていただきありがとうございます。コメント・トラックバックも大歓迎♪でも記事と無関係なものは削除させていただく場合もあります。
よろしくおねがいします。


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


月別アーカイブ


カウンター



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


最近のコメント


最近のトラックバック


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。