食いしんぼーは今日も行く
まいにちおいしくたのしく。たべもの中心な日々の記録 
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


漆器とお菓子

たまたま覗いた「京漆匠 象彦」さんでお呈茶をいただきました。
写真は「鶴屋吉信」さんの上生菓子。銘は"やまのべ"と聞こえたのですが…不確か。
しっとりなめらかで品の良い甘さ。
口の中で後を引く甘みとお抹茶がよく合い、とても美味しかったので、翌日デパ地下に覗きにいったけれど、このお菓子はありませんでした。特注だったのかなぁ。。。
ちなみにこの銘々皿は象彦さんの代表的な商品だそうです

「鶴屋吉信」は1803年(享和3年)創業、看板にも掲げられている「柚餅」や「京観世」が有名。各地のデパ地下に出店しているので全国区ですよね。

漆器は英語で「ジャパン-japan-」と呼ばれる、日本の代表的工芸品。
その割に、よく知らない。情けない事ですが、京漆器や春慶塗・山中塗など各産地の特徴や差は知らず、輪島塗りが一番お高いのかなぁ、というくらいの知識です。
せっかく京都に来ているのだから、少し勉強しようと伝統工芸館にも足を運んでいます。
ここ数年、ずっと普段使いの漆器を探していて、先日縁あって会津塗のものを購入したのですが、見ていると京漆器も上品で素敵。
「京漆匠 象彦」さんのほかにも「アソベ」さん「なちや」さんなど、京都市内に有名店はたくさんあります。さすがですね。

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




ジャンル別カテゴリ


最近の記事


プロフィール

noricha

Author:noricha
神田生まれ さいたま育ち
2010年5月に代官山から六本木(赤坂寄り)に引越しました。行動範囲もこれから変化していくでしょう。
dietを気にしつつも、誘惑に負けっぱなしの毎日です

あそびにきていただきありがとうございます。コメント・トラックバックも大歓迎♪でも記事と無関係なものは削除させていただく場合もあります。
よろしくおねがいします。


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


月別アーカイブ


カウンター



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


最近のコメント


最近のトラックバック


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。