食いしんぼーは今日も行く
まいにちおいしくたのしく。たべもの中心な日々の記録 
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ル・ブルギニオン@西麻布

内臓料理で名高い菊池シェフのお店「ル・ブルギニオン」(Le Bourguignon)
今年ミシュランの一つ星を獲得しました。ランチで初訪問です。
Bourguignon055.jpgBourguignon056.jpgメニューを開くと確かに内臓系が目を引く。ランチコースは2種類。
アミューズ+前菜+魚or肉+デザート+カフェの¥2500と魚と肉両方の¥4500
夫は¥4500のコース、私は前菜2品をチョイスし¥2500の方のメインと組み合わせることに(それも¥4500)。
まずはアミューズ。チーズを練りこんだ小さなシュー、中に詰め物がしてある。ひと口でいただくと、シュー生地はパリッ、そして旨みたっぷりの肉汁がジュワッと溢れ出てきて美味しい。後の料理の期待も高まります。

前菜は名物のひとつ"ブータンノワール"。なめらかで上品な仕上がり。美味しかったけれど、ガツン!とくるタイプのブータンノワールが好きな方にはどうかなぁ。
二品目の前菜"白インゲン豆のスープ"量はたっぷりですが、あっさりして私には物足りない…。
メイン"蝦夷鹿のグラタン仕立て"鹿はトマトソースで煮込まれ、なめらかなじゃが芋と層にして焼きあげてある。かなり気に入りました。これが¥2500のコースでメインにいただけるなんて♪洋梨のデザートも美味しかった。

夫の前菜は"鴨・豚・鶏の白レバーのテリーヌ"一口貰ったが、肉肉した旨味と白レバーのパンチの効いた味。添えられたピクルスとも良い相性。
魚料理は"ソイのポワレ スープ仕立て"ソイの皮はパリッと焼かれ、青菜と茸が入ったコンソメスープの上に乗っている。スープ料理としても旨いとのこと。 
肉料理は"牛の心臓のロースト"デザートの"クレームダンジュ"も美味しかったようです

南仏を意識したお店は豪華ではないけれど、明るくかわいらしい。居心地のよい空間です。
またメニューの選択肢の幅広く、グラスワインも手頃な値段で数種用意されていて、コストパフォーマンスもよい。お料理からもシェフの誠実さが伝わってくるようです。
女性に人気が高いのにも納得。もちろん帰るころには満席。忙しかったにもかかわらず、菊池シェフみずから見送ってくださり、とても良い気分で店を出ることができました。
楽しめました。赤ピーマンのプリンも美味しそうでした。次回はそれかなー。

今回の訪問、私たちの好きな「Le jeu de l’assiette」(ル・ジュー・ドゥ・ラシエット)の下野シェフと中村支配人は「ル・ブルギニオン」で共に働いた間柄と聞いたことも、きっかけのひとつでした。ただし夫は『美味しいけれど、ラシエットの方が洗練されてる』だそうです。

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




ジャンル別カテゴリ


最近の記事


プロフィール

noricha

Author:noricha
神田生まれ さいたま育ち
2010年5月に代官山から六本木(赤坂寄り)に引越しました。行動範囲もこれから変化していくでしょう。
dietを気にしつつも、誘惑に負けっぱなしの毎日です

あそびにきていただきありがとうございます。コメント・トラックバックも大歓迎♪でも記事と無関係なものは削除させていただく場合もあります。
よろしくおねがいします。


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


月別アーカイブ


カウンター



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


最近のコメント


最近のトラックバック


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。