食いしんぼーは今日も行く
まいにちおいしくたのしく。たべもの中心な日々の記録 
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


OKUでおひるごはん

京都・祇園にある町家カフェ「gallery&cafe OKU」
あの花背「美山荘」の中東久人さんによるプロデュースのお店です。
雑誌ではプリンやわらび餅などスイーツが紹介される事が多いですが、ギャラリー&カフェと銘打ってある通り、店頭には食器が並んでいます、中東さんがOKUという食器ブランドを立ち上げたのが2006年、このカフェができたのが2008年3月です。
今日は二階でちょっと遅めのおひるごはんを。
1階は大きな窓からみえる坪庭がメインですが、2階はとてもシンプルな空間。お香がほのかにたかれ、御簾の向こうから入る日差しはもうすっかり春のようです。やや厚いテーブルは花背の杉の木だそう。
oku0157.jpgoku0156.jpg
私は『地鶏と椎茸の照焼き丼』 香の物と味噌汁つき 1500円
こんがり焼かれた鶏肉と素焼きした肉厚の椎茸、白ネギと木の芽。添えられた山椒は「原了郭」さんのもの。香りが食欲をそそります。
連れは『お揚げと大根と白菜の煮浸し丼』 1000円
味が染込んだ大根にふんわりお揚げさん。きぬさやがアクセント。やさしい味付けで食べやすい。まさにまかない丼といった感じ。
それぞれ笹茶をセットにして+350円
おおきめのポットで供された笹茶は、滋賀県・朽木村の笹をつんで、洗って、天日で乾燥、刻んで、玄米と合わせてお茶にしたものだそう。良い香りで飲みやすい。

おいしいんだけど…うーん、正直"美山荘プロデュース"ということでちょっと期待が大きすぎたのかも。食器もそれぞれ好みがあるものだし……お食事だけで見れば割高感アリ。
それでも、今日のように空いている時間帯にうかがえば、静かでゆっくり落ち着ける空間はまさに隠れ家。
場所はお茶屋が連なる街並みの中、「祇園きなな」さんのすぐそばです。

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




ジャンル別カテゴリ


最近の記事


プロフィール

noricha

Author:noricha
神田生まれ さいたま育ち
2010年5月に代官山から六本木(赤坂寄り)に引越しました。行動範囲もこれから変化していくでしょう。
dietを気にしつつも、誘惑に負けっぱなしの毎日です

あそびにきていただきありがとうございます。コメント・トラックバックも大歓迎♪でも記事と無関係なものは削除させていただく場合もあります。
よろしくおねがいします。


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


月別アーカイブ


カウンター



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


最近のコメント


最近のトラックバック


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。