食いしんぼーは今日も行く
まいにちおいしくたのしく。たべもの中心な日々の記録 
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


蔵王から山寺へ

母と二人で紅葉狩り。蔵王のお釜と山寺(立石寺)
今回の旅は、桜と紅葉の季節になると張り切る母の立案。
東京から新幹線→宮城・白石蔵王駅→山形・蔵王のお釜→山寺(立石寺)→宮城・仙台駅から新幹線→東京 日帰り旅行なのに盛り沢山の強行軍!

白石蔵王駅からバスに乗換え、まず目指すのは火口湖の『お釜』
山の中腹は紅葉も色鮮やかですが、上に行くともう既に落葉しています。それもそのはず、蔵王エコーラインは10月31日で冬季閉鎖されるんですって。
心配していたお天気も、徐々に回復、明るくなってくる。『お釜』への期待が高まります。
着いてみると残念ながらもやがかかっていました。さすがに雲の上、ものすごく寒!山頂を甘く見ていました。ふもとでは邪魔になるからと、コートを用意しなかったのは作戦失敗。緩く巻いていたストールを広げて寒さをしのぎ、少し待つと霧が切れ、見ることが出来ました♪
ただ、観光パンフレットの写真くらいはっきり見ることができるのは、稀なようです。
yamahiru.jpg少し移動しておひるごはん。
お釜にちなんで(?)釜飯と山形名物のいも煮やさくらんぼの漬物など郷土色豊か。とてもおいしくて完食。
yamadera6809.jpgしかし、お腹いっぱいで階段のぼれるかな?と心配しつつまた移動。
今度は断崖に立つ寺院、宝珠山・立石寺(りっしゃくじ)です
山寺(やまでら)の通称で知られ親しまれている立石寺は、比叡山延暦寺の別寺として慈覚大師により1100年以上前に開山した東北屈指の名古刹。
国の重要文化財に指定されているお堂などもあり、見所もたくさん。
「閑さや岩にしみ入蝉の声」松尾芭蕉が山寺で詠んだ俳句はあまりにも有名ですよね。
そして有名な長いながい階段をゆっくり登る。頂上からは景色がとてもよく見えました。このあたりは紅葉も見頃。素敵です♪
降りてから茶店で串刺しの玉蒟蒻もつまんじゃいました。

その後は仙台へ。渋滞もなく予定より早く仙台駅に到着。駅で牛たんの夕食をいただく時間もありました。
宮城のお土産「笹かまぼこ」「ずんだもち」を購入し、無事帰宅。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




ジャンル別カテゴリ


最近の記事


プロフィール

noricha

Author:noricha
神田生まれ さいたま育ち
2010年5月に代官山から六本木(赤坂寄り)に引越しました。行動範囲もこれから変化していくでしょう。
dietを気にしつつも、誘惑に負けっぱなしの毎日です

あそびにきていただきありがとうございます。コメント・トラックバックも大歓迎♪でも記事と無関係なものは削除させていただく場合もあります。
よろしくおねがいします。


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


月別アーカイブ


カウンター



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


最近のコメント


最近のトラックバック


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。