食いしんぼーは今日も行く
まいにちおいしくたのしく。たべもの中心な日々の記録 
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


偕楽園で梅見のお弁当

暖冬といわれていても、やっぱり待ち遠しかった春!
も見頃、なので夫と水戸に「お花見デート」行ってきました。


水戸藩第9代藩主徳川斉昭公により造られた偕楽園は、金沢の兼六園・岡山の後楽園とともに日本三名園のひとつに数えられ、の名所としても全国的に有名です。広い園内には100種、約3,000本のが植えられているそうです。

良いお天気の日曜日。予想通り多くの人が見に来ていました。
イベントも石州流の野点茶会が行われ、水戸黄門の扮装をした人達がいたり、園外では猿回し。さすが「まつり」期間中です。
園内の木造2層3階建ての好文亭も見学には30分以上かかりましたが、素敵でした。

そうはいっても、やっぱり花よりだんごの私たち


園内では駅弁が売られていました。2段重ねで立派なお弁当箱の『印籠弁当』(1100円)と悩みましたが、今日はこれ!『ダイダラボウのはまぐりめし』800円
籠で編まれたお弁当箱。敷き詰められた味付けごはんは白胡麻の風味もよく、煮蛤も柔らかくおいしい。おかずは味がしっかりしみた含め煮。蓮根・人参・椎茸・雁もどき、彩りにインゲンと甘い錦糸卵、そして柴漬け。
帰宅後、調べてみると「巨人ダイダラボウ」の民話をモチーフにしたものだそうです。
「海辺に手を伸ばし、大はまぐりをほじくりだして食べ、その捨てた貝が積もって岡になりました」ちょっと面白いお弁当ですね。

お土産には藁納豆や干しもたくさん売っていました。そして1月に観た佐藤卓展のお土産プロジェクトのチョコ納豆(ただしプレーンのみ)も発見!!
暑いくらいのいいお天気のなか、とお弁当を堪能しました。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




ジャンル別カテゴリ


最近の記事


プロフィール

noricha

Author:noricha
神田生まれ さいたま育ち
2010年5月に代官山から六本木(赤坂寄り)に引越しました。行動範囲もこれから変化していくでしょう。
dietを気にしつつも、誘惑に負けっぱなしの毎日です

あそびにきていただきありがとうございます。コメント・トラックバックも大歓迎♪でも記事と無関係なものは削除させていただく場合もあります。
よろしくおねがいします。


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


月別アーカイブ


カウンター



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


最近のコメント


最近のトラックバック


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。