食いしんぼーは今日も行く
まいにちおいしくたのしく。たべもの中心な日々の記録 
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Restaurant PACHON@代官山

今年のフレンチ食べ納めは「Restaurant PACHON」
代官山ヒルサイドテラスの古株。本日が今年最後の営業日だそうです。
今回の目的は、冬満喫!というわけで、私はカスレ・夫は牡蠣のグラタンとジビエ。
ランチは料理が固定されたコース3種とプリフィクスのコースが2種。
プリフィクスではカスレは2名から、とのことで
私はメニュー固定のレジョナール (4200円)
アミューズ/サラダ/カスレ/シャーベット/コーヒー・小菓子
夫は前菜とメインを選ぶプリフィクスのコース (4200円)を。
アミューズ/オードブル/本日のスープ/メイン/デザート/コーヒー・小菓子
PACHON091230.jpgPACHON91230.jpgPACHON20091230.jpgアミューズは二人とも3層のムースとアンチョビのパイ
夫の前菜はカキのグラタン 茸のデュクセル シャンパーニュのオランデーズソース(画像上)
スープは赤カブのポタージュ、メインはイノシシ(画像中)、デザートは洋梨のキャラメリゼ キャラメルのアイス

私は、茸と砂肝のラングドック風サラダ・カルカッソンヌ風カスレ(画像下)
そして、ラズベリーシャーベットとキャラメルのアイス・コーヒー+ワゴンで出てくる小菓子

カスレとは、フランス南西部の郷土料理。白インゲン豆とソーセージや羊肉・鴨肉などをカソール(cassole)と呼ばれる土鍋で煮込む豆のシチューのようなもの。パッションさんのそれは、とても有名です。
カスレは量が多かったので夫とシェアしていただきました。

料理は系列のル・プティ・ブドンと同様、クラシカル寄りでしっかり味の正統派ソース。お腹にもずっしりきます。アミューズのムースやサラダ、夫のスープもハズレ無く美味でした。
店内もいかにも優雅で古風な雰囲気ですが、堅苦しい感じは無く、ゆったりと落ち着ける。接客も思いのほかアットホームで、気持よく過ごせました。フランスの修道院から運びこんだという大きな暖炉の、パチパチと薪のはぜる音がとても素敵でした。

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ


ラブレー@代官山

ひさびさに両親が遊びにきました。お昼は「Rabelais(ラブレー)」へ。
代官山で23年つづくフレンチ。いつも店の外まで花が飾られとっても可愛いらしい。通りすがりの看板を見た母が『ココで食事しましょうよ』と。私も2年以上前に一度伺ったきりでした。

週変わりの4種類くらいあるランチコースの中から メニューラブレー\1995
アミューズ・前菜(3種から選択)・メイン(2種から選択)・パン・デザート(デザートワゴンから2種選択)・コーヒー
前菜、私は大好物のオニオングラタンスープにしました。あつあつで美味!
メイン、私は鮮魚とたっぷり野菜、黒オリーブのニース風スープ仕立て
両親は黒豚肩ロースの網焼きと野菜のトマト煮込み入り卵料理
そしてワゴンデザート♪
迷いながら選んだのは、ゲラン産塩をつかったチーズケーキと洋梨と林檎をふんだんに使ったクラフティ。
父が選んだカルヴァドス入りガトーショコラも美味しそうでした。
バターがごろんと出てきたり、メインはちょっと…でしたが、オニオングラタンスープやデザートはよかったので、値段を考えればまぁ満足。

ラブレーでは犬をケージから出しテラスだけでなく、店内で並んで食事ができる。
私たちが食事中だけでも4組いました。そのうち2組は飼い主一人と犬一匹というテーブル。
パピヨン・プードル・ミニチュアダックスフンドなど、みんな小型犬。おとなしくマナーの躾ができているワンちゃんたち。あー、犬を飼いたくなっちゃいますねー!

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ


ムッシュヨースケ@中目黒

「レストランムッシュヨースケ」の欧風カレーでおひるごはん♪
場所はかなり池尻大橋寄りで、中目黒駅からも池尻大橋駅からも徒歩15分ほど。

ランチセットはスープ+カレー+コーヒーor紅茶で1000円くらい
カレーはベジタブル、ビーフ、チキン、カツカレーの4種
私は"野菜たっぷりベジタブルカレー"、夫は"黒豚ロースのカツカレー"をチョイス。
yosuke0911224.jpgyosuke0911221.jpgここのルーはビーフとチキンの2種類。
ベジタブルカレーは素揚げした色とりどりの野菜にチキンルー、あっさりしていました。カツカレーはビーフのルーでマイルド。
旬野菜のミネストローネスープやコーヒーも美味しかった。最初は量少なめ?と思いましたが、食べ終えてみると満足。
ガトーショコラやコンポートなどデザートは500円で追加できます。

店内は小じんまりビストロ風で1人でも入りやすい雰囲気。
オーナーシェフはパリやアルザスなどでも料理を学んだそうで『フランス料理も食べられるカレー屋さん』かな。テイクアウトメニューもあり、近所にあると嬉しいお店のひとつ。
近所には「カラカッタ」もあるけれど、気分で使いわけるといいですね。

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ


ヤマガタ サンダンデロ@銀座

「YAMAGATA San-Dan-Delo(ヤマガタ サンダンデロ)」で気軽なおひるごはん会
東京・銀座一丁目にある、山形県のアンテナショップ「おいしい山形プラザ」には、1階が特産品展示販売、2階には観光情報コーナーと「ヤマガタ サンダンデロ」がある。山形県鶴岡市のイタリアンレストラン「アル・ケッチァーノ」のオーナーシェフ・奥田政行氏のお店です。
yamagata091118.jpg平日のランチタイムは、朝10時から受け付ける直接予約のみ。5分過ぎに到着、4人分の席を確保できました。

パスタランチ /1800
・バーニャカウダとフォカッチャ
・パスタ(4種から選択)
・ドルチェ、コーヒーor紅茶
バーニャカウダのカリフラワーを使ったソースがめちゃうまい♪(画像右上)
もっちりしたフォカッチャ、鮟鱇とキャベツのペペロンチーノ、林檎ソースのパンナコッタやオリジナルだというブレンドコーヒーまで。どれも美味、とくにお野菜が印象的でした。日本で一番、四季がはっきりしているといわれる山形県の滋味豊かな食材をシンプルに調理。全体的に塩味は薄めですが、十分満足な味付けでした。

「YAMAGATA San-Dan-Delo」ヤマガタ サンダンデロ。奥田シェフがつけたこの店名
“~でしょう”を酒田弁で“だんでろ”と言うそうで、『山形産なんでしょう』という意味なんですって。面白いです。

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ


restaurant bacar@渋谷

渋谷・松濤のカジュアルフレンチレストラン「restaurant bacar」(レストラン バカール)
本日やっと訪問です。ランチ営業は土曜のみなので2ヶ月先まで予約がいっぱいのよう。
シックな店内に黄色いシートの椅子がかわいらしい。カウンター6席とテーブル6席こぢんまりして、ビストロ仕立の雰囲気です。
ランチコースは3種類。今回はシェフコース /3500に+500で魚料理をグレードアップ♪
bacar11071253.jpgbacar11071338.jpgアミューズ カリフラワームースとコンソメゼリー 雲丹のせ
前菜 ランド産 フォアグラ2種盛 ミルフィーユ仕立てとロースト
魚 三陸産 黒アワビステーキ♪
肉 "ストウブ"ハンガリー産『マンガリッツァ豚』肩ロースのロースト
デセール 塩キャラメルのスフレ これはキャラメルのスフレと塩アイスを合わせると塩キャラメルになる趣向。アイスにはいってるクランチがまたいい!連れの球体パフェも面白かった。見た目も一足早いクリスマスの印象。

自家製パンは多種類。ブリオッシュ、ドライトマトカンパーニュ、フォカッチャ、栗のパン、カンパーニュなど。豚リエットと発酵バターが添えられますが、パンそのものがしっかりした味なので、いらないくらい。

どの料理もおいしいし、なによりCPがすごい。このお値段で自家製パンやきちんとしたデセールまで!…手間をかけてます。クロス類を省略するなど、サービスも余計な装飾を減らし、お値打ち。サービス料は5%

カウンター席だったので、シェフの動きを目の前でみることができ、臨場感あり。ソースだけでなく全体的にちょっと濃いめの味付けは、オーナーがソムリエさんだから?
ただオーナーさんのサービスには好き嫌いがありそう。ファンになるかならないかの分かれ目になるかも。私たちはすぐに次を予約しましたけれど。
オープンしてもうすぐ一年。オーナーもシェフもお若いので、店も料理もまだまだ変化していくのでしょう。楽しみです。

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ


ROTISSERIE L’ecrin@銀座

今日は父と銀座で映画デート
上映時間の都合から早めのランチ。銀座5丁目の「ROTISSERIE L’ecrin(ロテスリー レカン)」は11時からの営業なのでありがたい。
名前の通り、銀座レカンの姉妹店です。店内は明るく、お手頃値段の割に上品な雰囲気(テーブルクロスもきちんと!)なので、年上の方も誘いやすいお店です。
私は、Aコース /1900 スープ・メイン(魚or肉)・デザート・コーヒー
父は、Bコース /2700 前菜(2種より選択)・スープ・メイン(3種より選択)・デザート・コーヒー

“南瓜のポタージュ”に続き、名物という“ローストチキン”はモモとムネの部位が一皿に。予想以上にボリュームたっぷりです。皮目はぱりっとして美味しい。フレンチフライひさびさに戴きました。デザートは紅茶のクレームブリュレとチョコレートアイスクリーム。
父の“仔羊背肉のポワレ”も美味しそうでした。
席数の割にフロアの人数が少ないようですが、お料理がタイミングよく供され、早く食べ終えられました。予定があるときはこういった事もうれしい。
映画の後は「Pâtisserie mitsuwa GINZA(パティスリー ミツワ ギンザ)」でお茶。食べてばっかりの一日でした。

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ


a nu@広尾

広尾に新しくできたフレンチレストラン「ア・ニュ」~a nu retrouvez-vous
代官山「ル・ジュー・ドゥ・ラシェット」の下野シェフのお店です。先日のレセプション以来、開店初の週末、早速ランチに伺いました。
anyu091031.jpganyu20091031-1316.jpganyu20091031-13.jpg最初に洋梨のシャンパーニュカクテルをいただきつつ、メニューを眺める。
デジュネ メニューは「ル・ジュー…」と同じ、わかりやすい構成ですね。気軽にお皿の数を増やせるのもいい。
昼のコースにはまだジビエは見当たらない。残念、来月に期待します。

Menu de Luxe /3500 4皿のコース(前菜+魚+肉+デセール)に前菜をもう1皿プラスして。
私は下野シェフのスープが好きなのですが、今日のホタテ貝と紅心大根のスープ(画像上)もとてもおいしい。
店名のついたテリーヌや魚もよかったけれど、特に印象的だったのは鴨もも肉のソテーとパフェの様なデセール。下からマンゴー・濃さの違うショコラムース2種・パッションフルーツソースが層になっていて、各素材がまとまったときのバランスも最高♪
それにしても、高額素材は使っていないとはいえランチのCPは抜群。以前と同様で嬉しい限り。

今日は窓側のテーブル席。通常と逆に、女性を窓が見える手前の席に案内しているようです。天井が高く、窓も大きいので、ランチ時間帯は明るく開放感がある。中村支配人のお話では元々6メートルの高さがあった天井を空調の都合などで低くしたとのこと。窓側の席には床暖房も入れているんですって。席の間隔だけでなく心なしかテーブルも通常より広く取られているよう。落ち着いた色調でまとめてあるけれど、どこか親しみやすいところがあって、かしこまらずゆったりとして居心地良かった。
次回の予約を入れて帰宅。退店時、シェフだけでなくお店のブログでおなじみのシェフ妻・マダムとも御挨拶。そういえばレセプションでも活躍していました。これからはマダムもお店に出るようになるのかしら?
今後も見守りたいお店です。

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ


a nu@広尾 レセプション

ル・ジュー・ドゥ・ラシェット@代官山の下野シェフが独立したというご案内をいただき、オープンに先駆けてレセプションにお邪魔してきました。
店名は「ア・ニュ」「a nu retrouvez-vous」~上質でありながら、自然体で過ごせるフレンチレストラン~下野シェフと中村支配人という「ル・ジュー・ドゥ・ラシェット」のコンビも再び!
場所は広尾…といっても、東京フロインドリーブやタダスポーツのすぐそば。一応ご近所で嬉しい♪
店舗は新築ビルの1階。店内は天井がとても高い!
入って左手の大きな窓側の席は稼動式で8~10人の個室にもなる。右手にはテーブル席、その奥にガラス越しに見える調理場、そしてその横には4人用個室。席の間隔も広めでブースっぽく区分けされているので他のゲストと視線が絡みあうこともなく落ち着けそう。
営業は10月27日(火)から。月末にデジュネを予約したので、とても楽しみです。

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ


レストラン・ロオジエ

ちょっと遅れたお誕生日ランチに「RESTAURANT L'OSIER」さんへ。久しぶりです。
デジュネ(ランチ)コースは3種類ありますが
私は3皿のブルー:前菜又はスープ・主菜・デセール
夫は4皿のブラン:前菜・スープ・主菜・デセール をチョイス。
アミューズは根セロリのムース
前菜は鶏レバーのムース
主菜はタラバ蟹のロワイヤル
デセールは抹茶とイチゴのハンバーガー(画像)
それ以外にマカロンやら盛りだくさん。今回もお腹いっぱいです。

お料理は盛り付けも色とりどりで美しい。ただ前回、メニュー構成が前菜からメインまで似た食感の料理が多かったのが気になったのですが、今回もクリームやムース系が多く、ほとんどフワフワ柔らか系。味はもちろんおいしかったですけれど…単調な感じ。ちょっと残念。
すべてアラカルトや、コースにアラカルトをプラスする、という選択もできますが。料理とお酒の組み合わせを考えるには、少し難しいお料理かなとも思いました。

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ


パティスリーカフェ ラ・プレシューズ

アトレ恵比寿4Fにある「La Precieuse(ラ・プレシューズ)」のカフェ
広尾でも、コチラでも、いつもはケーキを持ち帰りで購入するばかりでしたが、今回はお店でいただく事に。お目当ての和栗のモンブラン♪とランチのガレット。
Precieuse1157.jpgそば粉のガレット(4種類から選択)+スープ+ドリンク 980円
残念ながらガレットはいまひとつ。専門店にはかなわないまでも、もう少し期待していたんだけどなぁ。。。

そして、今年もモンブランの季節になりました!
栗の季節にのみ販売される、和栗を使ったモンブラン。ここの人気商品です。マロンクリームは、年ごと、月ごとに産地の異なる栗を使っているので、微妙に味が違う。栗の風味をとても大切に作っているのがわかる。和栗の風味を引き立てる、たっぷりのシャンティは甘くなく、土台はとても軽いメレンゲです。
2007年のモンブラン

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ


K.u.K.@溜池山王

赤坂・溜池山王の「Restaurant K.u.K.(カー ウント カー)」でランチ
日本人初のオーストリア国家公認の料理(キュッヘン)マイスターの称号を持つ神田シェフの料理とお隣にあるツッカベッカライカヤヌマの菓子(コンディトール)マイスターの称号を持つ栢沼シェフのデザート、ともに楽しみにして訪問
KuK252.jpgKuK308.jpgKuK339.jpgオードブル盛り合わせ+スープ+メイン+デザート 4800円のコースのみ
(スープ2種、メイン3種から選択)

私は食前酒代わりに『イワトコ花の蜜のカクテル』(ノンアルコール)をオーダー。ライチかマスカットのような爽やかな甘味です。
オードブル盛り合わせ 5種類それぞれ美味で、この後の期待が高まる!
パンはお隣で焼かれた小振りのカイザーセンメル。ホイップした発酵バターがつきます
画像は連れのヌードル?入りのビーフコンソメスープ 私は南瓜クリームスープでした。意外にあっさり。
私のメイン、梅山豚メイシャントン・肩肉の煮込み パンとたまねぎを蒸して焼いたという付けあわせが旨みのあるソースとからんでとても、とても美味しかった。連れは鶏もも肉のフライ、伝統的な料理だそう。
デザートはアプフェルシュトゥルーデル 甘さ控えめ温かいリンゴのパイと冷たいバニラアイスの組み合わせが最高!前回ツッカベッカライカヤヌマでいただいたサクランボのパイもとてもおいしかったけれど、こちらも季節の恵みを感じます。濃いめのコーヒーともよくあい、既にお腹一杯でしたがスルッと入っちゃいました。

店内はロブマイヤーのシャンデリアが印象的な重厚空間。客層も上品そうな紳士や大人カップルだったりして、落ち着いた雰囲気。浮ついていないというか。接客も暖かく丁寧、ちょっとした我が儘もにこやかに対応してくださり、居心地よくくつろげました。サービス料は5%は安い。
見た目に派手さはないけれど、洗練された料理。ウィーン旅行時にも思ったけれど、オーストリア料理自体がどちらかというと朴訥としたものなのかも。季節を変えてまた行きたい。

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ


MIRAVILE IMPACT@銀座

銀座 マロニエゲート8階にある「MIRAVILE IMPACT」(ミラヴィル インパクト)
駒場にある「ミラヴィル」は夫のお気に入り。ここは初の系列店、デザートレストランと銘打っています。ランチは二種類、どちらもワンプレート+選べるデザート+お茶のセット
私はメインが日替わり、お魚お肉選択可能のインパクトコース 1400円
夫は牛肉のステーキ+フライドポテトがメインのミラヴィルコース 1980円
IMPACT160.jpgIMPACT158.jpgIMPACT225.jpg・サラダオードブル そうめんを使ったカッペリーニ風のものが底に。
・さつまいもの冷製スープ
・日替わりメイン(魚or肉選択可能 コブダイと蕎麦茶のスープ仕立て)
・自家製全粒粉パン
・デザート(3種類から選択可能)
シャンパンと野菜ジュースのグラニテ トマトのコンポート添え 夫はチョコレートとココナッツのコロッケ ミルクアイス添え(他はミラヴィル定番のガトーショコラ)
・コーヒーor紅茶

多種類使っている野菜はおそらく有機。パンもですが、ところどころに「ミラヴィル」っぽさは感じられる。
量は少なめに見えましたが、食べ終えると満腹。品数多いし、がんばっているのもわかる。コストパフォーマンスは良いと思うけれど、肝心のお料理がー。もっと「ミラヴィル」らしい味を期待していたのですが。。。この値段では仕方ないのかなぁ。まずくはないが名前に惹かれて食事をするとがっかり。
コンセプトの通り、デザートを食べにいったなら満足なのかも。夜の「Menu Miravil」(ちょっとお酒も楽しみながらスイーツを堪能できる3皿構成からなるオリジナルデザートコース)を試してみないと、判断は微妙。

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ


リストランテASO@代官山

近所のリストランテASO。ひらまつ系のなかでも評判が良いようだし、一度いかないとな~なんて言いながら延び延びにしていましたが、やっと本日ランチに伺いました。
店内は明るく開放的。夫は以前友人の結婚式で訪れていますが、ブライダルも納得の雰囲気。
ランチコースは¥5250の一種類でデザートのみ選ぶタイプ
(前菜+サラダ+パスタ+肉料理+口直し+デザート+コーヒー+小菓子)
パンは6+2種類、バターは3種類のホイップバター。確かにパンだけでお腹いっぱいになりそう。隣のテーブルは残したパンを包んでもらっていた。
前菜 トウモロコシを使ったもの3種
サラダ 秋刀魚の軽い燻製
パスタ アマトリチャーナ
肉料理 仔牛の包み焼き 中はフォアグラ&チーズ
口直し パイナップルのスープ
デザート チョコレートのスフレ(画像)
aso1338.jpgaso1344.jpg
オリジナルのトマトジュースは味が濃く美味でした。
トウモロコシの前菜やドルチェもおいしかったのですが、一番印象に残ったのはパスタ。玉葱のゼリーや生ハム・トマト・チーズ・パスタの味それぞれの素材を自分で混ぜながら食べる。遊び心あふれる演出があちこちに施されていて、楽しい♪そんな演出は最後の小菓子にも。様々な小菓子やフルーツが花束のように飾られていて可愛いらしい。女性には嬉しい驚き。
ただ秋刀魚は脂がのっていておいしかったのけれど、ソースとの相性はイマイチ。メインもわざわざココでコレじゃなくても…というカンジでした。おいしかっただけに惜しい。それとサービス料13%というのはどうなのか…半端な数字?メニューが変わった頃にまた来てみたいです

テーマ:Lunch♪ - ジャンル:グルメ


レストラン ヒロミチ@恵比寿

夫の夏休み初日。目黒区三田の「レストラン ヒロミチ」でおひるごはん
シュマン@赤坂の料理長としてミシュラン☆を獲得した小玉シェフのお店。恵比寿ガーデンプレイス近くの静かな場所。20席くらいの小さな店内はちょっとメルヘンチックでやわらかな雰囲気の内装。大きな窓も気持ちがいい。
hiromichi1223.jpgMenu midi 軽めのランチコース
アミューズ+前菜を選ぶ+魚料理or肉料理を選ぶ+デザート三種盛り合わせ+コーヒー 又は 紅茶
私はオードブル1品の/¥2600(平日のみ) 夫は2品の/¥3900

特に印象的だったお料理は
スペシャリテ?の『人参のムースとコンソメジュレ うに添え』(画像)
そしてお魚のメイン『真鯛のポアレ』は皮と身の火の入り方も◎

他の前菜『帆立貝と冬瓜』『地鶏 白レバーのテリーヌ』(画像)、お肉のメイン『牛ハラミのロースト』やデザートもなかなか。サービスはあれ?と思うところが何度かありましたが、このお値段でこのお料理と雰囲気ならば、とてもCP高く思えます。満足。
季節毎にまた行きたいお店です

テーマ:Lunch♪ - ジャンル:グルメ


アンティカ・トラットリア・ノスタルジカ@中目黒

あの「フォリオリーナ デッラポルタ フォルトゥーナ」がリニューアル、6月15日より「アンティーカ トラットリーア ノスタルジーカ」Antica Trattoria Nostalgicaとしてオープンしたと聞いて、予約を。「フォルトゥーナ」は予約が難しい事でも有名でしたが、今回はすぐとれました。まだ、あまり知られてないからかも。これからは予約が取れなくなるんだろうなぁ。相当期待して訪問しました。コースはおまかせ(7000円)のみ。
Nostalgica47.JPG最初からテーブルの上に前菜が3種類ほどセットされていました。
その後もテンポよくお料理が運ばれてきます。トラットリアなのでみんなで皿から取り分ける方式です。
体調や気分に合わせてメニューを選ぶことが出来ないのはちょっと不安でしたが、前菜・パスタ・メインとどれもしっかりした味付けでおいしく、素材の好き嫌いさえ無ければ満足する内容。好みが会えば、CPも含め高レベルのイタリアンだと思います。
私たちにとってはパスタの量が多く、そして塩気は結構強め。
特別感はあまりないけれど、気軽な雰囲気でおいしく楽しくお腹いっぱい。

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ


新生 ル・ジュー・ドゥ・ラシエット@代官山

日曜日のお昼に「Le jeu de l'assiette」へ
4ヶ月ぶり、4月にメンバーが変わってからは初めて。期待して訪問。
ランチメニューの構成は以前と変わらず
画像はアミューズ。
不思議な鯛マシュマロとチーズのフィナンシェ、海苔のおせんべい。
飾り付けも工夫され、かわいらしい。

つれの前菜、豚足のクロケットは面白かった。
他もおいしくいただきましたが、お料理はそつがないけれど線の細い印象。
新体制になり、今後どのように変化するのか興味深い。また季節が変わった頃に伺いたいと思います

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ


Les Comptoirs de la Tour d’Argent@代官山

あの「ラ・トゥールダルジャン」のブティックとサロン「Les Comptoirs de la Tour d’Argent レ・コントアール・ド・ラ・トゥールダルジャン」へ。
外観も雰囲気あります。場所は旧山手通り沿い、ちょうど代官山フォーラムのはす向かい。2階はパリのワインセラーから代官山にやってきたワインがたくさん!
Tour1252.jpgTour1300.jpg今日はサロンでランチ
テリーヌセット/\1500にしました。
鴨とフォアグラのテリーヌ+サラダ+パン+ショコラ+コーヒーor紅茶
テリーヌは3種類(グリーンペッパー、オレンジ、またはリエット)から選ぶ
ちなみにパンにはコンフィチュール(ジャム)がつきます。パンではなくサンドイッチにすると+\600。

ラ・トゥールダルジャンといえば、鴨料理。厳選された鴨と鴨のフォアグラを使用して、パリ本店のシェフが監修したテリーヌです。
連れは『リエット』(画像)と『サンドイッチ』鴨のリエットの中央にフォアグラが入ったもの。濃厚な味わい。
私は『オレンジのテリーヌ』でパン
鴨肉・豚肉・フォアグラのテリーヌとオレンジの甘さと酸味が想像以上に合うー。複雑なカンジ。

コンフィチュールはフレイバーが6種。ホントは1種類を選ぶのですが、迷っていたら6種すべてを盛り合わせにしてくださいました♪自然素材のみで作られているそうです。それぞれの果実本来の甘さとみずみずしさが楽しい。私が特に気に入ったのは「オレンジ&オレンジフラワー」と「アプリコット&アマレット」
「オレンジ&オレンジフラワー」マーマレードにオレンジの花から採れるエッセンスを加たもの。ほのかな苦味を加えた大人の味。「アプリコット&アマレット」はアプリコットの種から作られるリキュール”アマレット”を加えたもの。香りが素敵!

食後の紅茶はトゥールダルジャンのオリジナルブレンド『メランジュ・トゥールダルジャン』
ショコラはラズベリーガナッシュ入りのくちどけなめらかなボンボンショコラと粒タイプが2種。アーモンドをチョコレートコーティングしたシンプルなものとおもいきや、カリッとした食感がのヌガティン系、とても凝った作りのものでした。ヌガティンとは、ナッツを砂糖で煮詰めて飴状にしたもの。

テリーヌはもちろん、コンフィチュール、ショコラ、紅茶にいたるまで、ブティックの商品を試食している様なものです。ただし、どれもとても上質。このお値段なら価値があると思いました。サンドイッチも凝ったものでしたが…これだけはまぁ、どっちでも良かったかな。

ショコラを友人宅訪問の手みやげに購入
ついでに味見がてら、コンフィチュールを一瓶とババ風味のマドレーヌ、ガレット・ブルトンヌ、フィンガークッキーを自宅用に購入しました。それはまた後日書いていきます。

テーマ:Lunch♪ - ジャンル:グルメ


Cuisine[s] Michel Troisgros@新宿

今日は母の日も近いこともあり、両親と弟と私でランチ。
「ハイアット リージェンシー 東京」の「キュイジーヌ[s]ミッシェル・トロワグロ」へ。
今回のお店選びは父。前日に電話したのですが、すんなり予約。
到着してみると空席ばかり…。時勢のせい?まぁ平日だしね。
惹かれるア・ラ・カルトもありましたが、『案内のある旅』というランチコースにしました。

私はメイン2品を食べきる自信がなかったので、肉料理のみ(メイン1品だと\5300)
アミューズ前に小さな3品
アミューズ:グリンピースのスープ 底にはオレンジ。そしてピリっとワサビの辛味
前菜1:ラビオリ(リコッタとオリーブ レーズン) パンは3種類
前菜2:野性のフヌイユの香り トマトと柚子の冷たいナージュ
メイン:鴨のグリエ 胡麻ソース 串刺フルーツ
プレデセール:ブラマンジェ + カシス
デセール:リュバーブとココナッツのクルスティアン カレーの香り 華やかで可愛らしい一皿
コーヒー&プチフール5種類

もう一方のコースの『鮟鱇のポワレ シブレット風味』や『アグー豚のフォンダン』も美味。
素材を活かし薄味を組み合わせ、そこにスパイスを効かせているお料理が多いようです。
強いインパクトや重量感はありませんが、バランスが取れ全体的に安定している印象。
彩りも鮮やかで洗練されていて、食べやすかった。

奥のテーブルでしたし、家族の気安さでシェアしたりとやりたい放題。スタッフの皆様スミマセン。。。でもね『こっちも食べてみて』って勧めたくなるのは、おいしいからこそ!
スタッフはみなさん笑顔&フレンドリーでちょっと照れてしまいましたが、テンポよくお料理が供され、落ち着いて食事が楽しめました。
最後まで他に3組しかお客さんはいませんでした。穴場なのかな?
帰りにメニューを印刷してくださいました。そういえば「カンテサンス」もそうでした。メニュー印刷が最近の流行なのかも。

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ


Quintessence@白金

なかなか予約がとれず、一週間遅れの結婚記念日ランチです
ミシュラン三つ星、白金のフレンチレストラン「カンテサンス」(Quintessence)に訪問
モダンな店内は、天井は若干低めですが圧迫感はなく、落ち着ける空間
最初に手渡される、料理名が一切書かれていない「白紙のメニュー」の演出。噂には聞いていましたが、期待感が増します。
メニューはおまかせコースのみ。
ランチ(7350円)は前菜3種、メインが魚・肉2種、デザート2種の計7品
ガスパチョから始まり、お店の定番:山羊乳のヴァヴァロワ→フォアグラ・キャベツ・文旦のファーブルトン→鰆→高坂鶏ロースト→ココナッツミルクのムース→お店の定番:メレンゲのアイスクリーム そういえばパンはメゾンカイザーでした。
Quintessence95.jpg『おまかせ』といっても、その日の客全員に同じ料理というわけではなく、大きな塊のまま焼き上げる肉や魚などは、こちらの4人には鴨、こちらの2人卓には豚、というような具合。アレルギーや好き嫌い・前回と食材がかぶらない様に、などの配慮の末でしょうが、夫は隣テーブルの豚がうらやましかったそうです。。。たしかに鶏ローストはあっさりしてたけど。

印象的だったのは、カンテサンスのお料理として特に有名な山羊乳のヴァヴァロワとメレンゲのアイスクリームの2品。やはりスペシャリテ!香り・食感ともに楽しみました。
微発砲の仏産リンゴジュースもよかったです。お水も種類多く取り揃えているようでした。
それと、最後のエスプレッソカップがとても素敵でした。
帰りは岸田シェフがきちんと見送ってくださいました。

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ


MONNALISA@恵比寿

近所なのにいつも前を通り過ぎるばかりだった「モナリザ」本店へ。
オーナーシェフの河野氏は、恵比寿タイユバン・ロブションの初代シェフとしても有名です。恵比寿西口、ちょっと裏のゴチャゴチャした立地ですが、お店はシック。
MONNALISA058.jpgMONNALISA059.jpgMONNALISA060.jpg年末なのでビジネスランチは無く、メインを選択するランチコースが3種。
夫は6500円(6857)のコース
アミューズ+前菜+魚+肉+フロマージュ+デセール+コーヒー+小菓子
アミューズ シューに魚貝のサラダが乗ったもの
オマール海老のシャルロット ビスク仕立て(画像上)
鮟鱇とフォアグラのロースト
蝦夷鹿のポワレ カカオとフランボワーズの香り(画像三番目)
フロマージュ3種盛り合せ(orフルーツの冷製スープ)
デザート盛り合せ+アイスクリーム+ソルベ
紅茶+小菓子 ルビーグレープフルーツピール甘煮とアールグレイ茶葉入りマドレーヌ
最後にハーブティ
彼が特に印象に残ったのは、"鮟鱇とフォアグラ""蝦夷鹿のポワレ"

私は4800円(5064)のコース
アミューズ+前菜+スープ+メイン+グラニテ?+デセール+コーヒー+小菓子
アミューズ カリフラワーのムース ビーツとリンゴのサラダ
サーモンとポロネギのテリーヌ 貝類のマリネ 酸味が少々強めで好み♪
聖護院かぶのスープ フォワグラ入りの茶碗蒸し風と二層になっている
仔羊網焼き 意外にさっぱりとした味付けですが美味。
洋梨のスープ仕立て 
デザート盛り合せ+アイスクリーム+ソルベ
紅茶+小菓子 グレープフルーツピールは表面に砂糖がたっぷり、甘い。
最後にハーブティ

ひと皿ごとのポーションは小さめですが、品数が多く量的にも満足でき(私には多すぎなくらい)皿数の割に待ち時間が短く、テンポよく供された印象です。また良質な食材がふんだんに使われているように思えます。
デザートも多種類、アイスクリーム、ソルベともに二人すべて違う物をサーヴ。まさに絵を描いた様な美しく、楽しい盛りつけでした。食器はすべてオリジナルのよう。店内の絵も画家である河野氏の義父が描いたものだそう。

年内最後の営業日、全員出社なのか、ホールスタッフは必要以上に人数が多いように感じた。最後にスタッフとともにシェフも見送って下さいました。今年のフレンチ食べ納めです。

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ




ジャンル別カテゴリ


最近の記事


プロフィール

noricha

Author:noricha
神田生まれ さいたま育ち
2010年5月に代官山から六本木(赤坂寄り)に引越しました。行動範囲もこれから変化していくでしょう。
dietを気にしつつも、誘惑に負けっぱなしの毎日です

あそびにきていただきありがとうございます。コメント・トラックバックも大歓迎♪でも記事と無関係なものは削除させていただく場合もあります。
よろしくおねがいします。


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


月別アーカイブ


カウンター



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


最近のコメント


最近のトラックバック


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。