食いしんぼーは今日も行く
まいにちおいしくたのしく。たべもの中心な日々の記録 
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ル・ププラン@聖蹟桜ヶ丘

今日は昔からの友人達を招き、Tea Party
これは多摩市・聖蹟桜ヶ丘に住むめぐちゃんからのお土産
地元の「le poupelin」(ル・ププラン)さんの焼き菓子詰め合わせ☆
たくさんの焼き菓子に思わず目移り。皆が帰った後もこんなに残り、帰宅した夫も大喜び♪
マドレーヌは蜂蜜の香りも◎、バターの風味豊かなフィナンシェ、さくさく食感のガレットブルトンヌ、ガトーバスクなども美味。ラム酒が利いたケークオフリュイやオレンジのパウンドケーキもしっかり真面目に作られているのがわかる。

2003年に「ル・ププラン」をopenした岡本氏は、フランスほか各地での修行より帰国後「ペルティエ」のシェフパティシェを務めた実力者だそうです。めぐちゃん情報ではルセットも美味しいんですって。今度は生菓子お願いしたいな。

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ


cote cour@恵比寿

今日は、恵比寿にあるチョコレートブラウニー専門店「コートクール」さんへ
駒沢通りを新しい山種美術館方面に上ったところ。こぢんまりしたお店。
パティシエが手作りで焼き上げた贅沢なブラウニーが有名です。
ちょうどバレンタイン前だったので限定商品も販売されていましたが、ブラウニーだけでも沢山種類があり、塩やフランボワーズ・栗・オレンジなどなど目移りしちゃいます。ただし、日持ちは冷蔵で3,4日ほどとのことなので、今回は2種のみ購入。
エスプレッソとメイプル(各315円)
エスプレッソはほろ苦コーヒーの香りが強め、大人の味わい。表面がちょっとだけサクッとして中はねっとり。砕いたアーモンドが少し練り込まれています。とても濃厚で滑らかな食感、贅沢なブラウニー。
メイプルの方がまろやかで甘め。こちらもしっとりとしているのですが、胡桃入りの生地で表面にクッキーそぼろをトッピングしてあり、サクサク。

一本14cm×1,8cmで315~420円というのは、ちょっと割高感もあり。さすがに専門店だけあり、とても美味しいし、ボンボンショコラと比べれば、お値段もまぁそんなものかも知れませんが…普段使いにはしづらい感じ。
ちなみにお店奥にはイートインもあり、ショコラショーなどもいただけます。

テーマ:バレンタインチョコレート - ジャンル:グルメ


不二家の生ミルキー

バレンタイン間近の今の時期、デパートの特設会場にいくと、熱いラブコールと試食の嵐です。ありがたいけれど、色々見て回っているうちに「もうチョコレートは要らないや」という気分になってしまうのも困りもの。。。
そんな時に見つけた「不二家」の生ミルキー 1箱10粒で660円
つまりは生キャラメルのミルキー版。懐かしい、あの、ミルキーですが、柔らかフレッシュで口の中でトロッととろけます。本家ほど甘くないのでたべやすい。

テーマ:おやつ - ジャンル:グルメ


FAUCHON@日本橋

日本橋高島屋7Fの「フォション サロン・ド・テ」買い物の途中でちょっと休憩。
写真は『エクレール3D』
あざやかなフォンダン、生地はやや厚め、中にはシトロン・ピスタチオ・オレンジの3種類のクリームが入っています。最後に食べたのがさわやかなシトロンクリームの部分だったからか、さっぱりした後味が好ましい♪
今のところパティスリー フランセーズ オーレリー@京都のエクレアが一番と思っているワタクシですが、これはこれで美味。
600円以上とお高いですが、ココで食べるのと地下の「FAUCHON boutique」で持ち帰るのとお値段違うのかな?

エクレアは昔からおなじみのスイーツですが、最近は高級感いっぱいのエクレアを色々なお店でみかけます。そのカラフルでデコラティブなエクレアを最初に発売したといわれているのが、フランスの「FAUCHON」。日本でも期間限定で色々なエクレアを販売しています。
フォションのエクレールはいつ見ても楽しいですね。

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ


Les Traces de MA@梅ヶ丘

渋谷のDEAN&DELUCAのショーケースで見つけました
梅ヶ丘にある「Les Traces de MA」(レ・トラスドゥマ)のエクレア 2種 各315円
エクレール キャラメル
エクレール カフェ
シュー生地はしっかりしているけれど、ちょっとしっとり。作りたてじゃないから仕方ないですね。
中のクリームもずっしり濃厚でも甘ったるくはない。おいしいけど…

コチラのお店は、マカロンがとても美味しいと評判なのだそうです。そっちだったか~!

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ


Origines Cacaoのクリスマス

「Origines Cacao」(オリジンーヌ・カカオ)
ショコラティエ・川口行彦シェフのチョコレートショップです
こちらのボンボンショコラは美味! だけど、ケーキはどうなの?というわけで、本日はプチガトーを。クリスマス仕様のケーキですが、今日は母のお誕生日なのです。
Origines1426.jpg
画像左 リヨネーズ \470 大人のチョコレートケーキ♪
濃厚なムースの間にフランボワーズのちょっと爽やかな風味。とろけるような舌触り、豊潤な味わいと香り。グラサージュの照りにもやられました。
画像右 アブソリュー \450 ホワイトチョコとベリーを使ったなめらかなムース
Origines1225.jpg20091225.jpg
ショコラクラッシック \370
定番ですが、ガトーショコラにこだわりのある父も納得の味。かなり濃厚かつしっとりな生地
チョコレート専門店のケーキって、カカオ主張の個性的なものが多かったりするけれど、今回の3種とも、チョコレートのコクや風味は適度でしつこくないし食べやすい。特にショコラクラッシックはまた買いたいな。

数年振りにクリスマスチキンも購入しました。母もノリノリで楽しかった♪

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ


手作りパイの店 マミーズ

「手作りパイの店 マミーズ」さんのアップルパイ
銀座・松屋で素通りできずに購入。以前は期間限定出店でしたが、常設になったのかな?
mamis913.jpg底にカスタード、その上に大きな林檎がごろごろ。厚みもあり迫力がある。
手作り感満載のいかにもお母さんのパイといった感じ。見た目と同じく味も素朴。アメリカ風なら、ここにシナモンなどをふんだんに入れるところでしょうが、林檎と少量のカスタードのみであっさりさっぱりしているので、大きくてもぺろりと食べられました。
1カット350円とお値段も◎
信州産のリンゴを季節ごとに品種を変えて使っているそう。レモンパイも美味しそうでした。

たまに猛烈に食べたくなる、懐かしいアップルパイ。今までは「松之助NY」さんで購入していましたが、コチラのも良いですねー。

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ


パティスリー ミツワ@銀座

マロニエゲートやプランタン銀座の並び、外堀通りと松屋通りの交差点ににある「Pâtisserie mitsuwa GINZA」(パティスリー ミツワ ギンザ)
今日は映画の後はここでお茶。昔の「菊正ビル」を知る父にはまだ違和感があるようでしたが、2008年春にオープンしたこのお店、パティシエ・岡本公一氏はホテルオークラ東京でシェフパティシエを務めていたと聞いていたので、一度食べてみたかったの。店内は天井が高く、陽が射し込み清潔感もあり。豆乳や豆など和の素材を使ったケーキが多いようでした。
mitsuwa11021.jpg
シュークリーム 368円
カスタードクリームにハニー塩キャラメルソースと大降りに砕かれたヘーゼルナッツが入ったもの。シュー部分はパリッサクッ。バニラビーンズが利いたとろ~りカスタードクリームとちょっとビターな塩キャラメルソースのダブルパンチ!ナッツは大きすぎてちょっと違和感。

禅 Zen 609円
和栗のモンブラン風ババロアです。ランチの「ROTISSERIE L’ecrin(ロテスリー レカン)」で父が食べていたモンブランが羨ましかったので(笑)
上にのっているのはメレンゲ菓子と渋皮煮1/2個。上面のマロンペーストはしっかり和栗の味。

ふくゆたか 483円 (画像なし)
豆乳のババロア。紀州梅のジュレとおからのビスキュイがアクセント。
素材を生かした味ともいえるけど、コレは豆腐でいい様な気がする…

そこそこおいしいけど高い…お茶類もごく普通なのに、いいお値段。銀座大通り価格とはいえ、もう少し良心的な価格だとありがたいです。CP考えると次は別の店を選ぶな。

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ


Mont St Clair@自由が丘

言うまでもありませんが「Mont St Clair(モンサンクレール)」はパティシエ辻口博啓氏のお店
なんとなく訪問する機会がなかったのですが、先日の金沢旅行で石川県立美術館の「ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA」に伺い、こちらにも興味がわきました。

自由が丘駅から徒歩10数分。…これならパリセヴェイユの方がずっと駅から行きやすいよね。けれど、お客さんは絶え間なく訪れるようです。自由が丘の観光名所的なカンジでしょうか。
お店でいただきたかったけれど、席数が少なく待つようだったので持ち帰ることにする。
MontStClair839.jpg
アルル \500 (画像 左)
レモンムースの中に、アプリコットのコンフィ、ハチミツのクリーム、そしてレーズン、チェリーが入ったピスタチオのクリーム。上はオレンジのジュレ。
クロワゼ  \550 (画像 右)
nouveauの表示。ショコラのムースとどっしりとしたブラウニー、中には、苺と木イチゴのコンフィチュール。下はサクサクのあま~いヌガティーヌ。
MontStClair835.jpgMontStClair842.jpg
シュー ア ラ クレーム  \210
アーモンドの食感、焼きこんだシュー生地にバニラの利いた甘めのカスタードクリーム。
クロワッサン \200
いい顔につられ購入。スペシャリテとの表示あり。きめ細かくさくさく、バターのいい香り♪

小さいけれど、全体的にすべてが濃く甘い。食べごたえがあり…ちょっと重め。ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWAで食べた軽やかさが欲しい。今回プチガトーのチョイスに失敗したかな?次回は『セゾン・ド・ガトー』にしよう。クロワッサンは美味でした。

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ


金沢旅行 ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA

金沢 美術館・美味めぐり初日。「鮨 みつ川」を出て、かなり強行スケジュールで美術館をまわる。石川県立美術館に到着、そろそろ休憩したいところ。
石川県立美術館内の「ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA」は地元・石川県(七尾市)出身の辻口博啓氏のパティスリ-&カフェ。
店内は天井が高く陽が差し込み気持ち良さそうですが、有名店なだけあり行列。テイクアウトはすぐに会計が出来るとのことで、美術館鑑賞後、ホテルへ持ち込みお部屋でいただくことに。上品で小振りなプチガトーが並ぶ中、2種購入。920円まぁ、東京価格です。
DSC06730.jpgセゾン・ド・ガトー
洋梨が間に行ったショートケーキ。ふんわりスポンジと香りいいクリーム。モンサンクレールのものと同じく季節ごとにフルーツが変わるのでしょう。生クリームがちょっと苦手な私でもおいしいショートケーキでした。
加賀棒茶ロール
抹茶のロールケーキはありきたりですが、これは驚き。スポンジのキメは荒めですが、甘さと棒茶のホロ苦さ。カスタードと生クリームはなめらか。乳成分の風味が棒茶の滋味によって引き出されるのか、とても美味。
なんとなく食わず嫌いに近かった辻口氏のケーキですが、これほどおいしいなら「Mont St Clair(モンサンクレール)」にもいってみたくなりました。
県立の美術館内に有名パティシエのケーキって、発想スゴいですね。美術館側か辻口氏側、どちらからの提案なのでしょう?ちなみに金沢でも自由が丘ロールもありました。

明日は兼六園を散策→大樋美術館の後、ひがし茶屋街「螢屋」さんで加賀会席料理です。

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ


イナムラ ショウゾウ@上野桜木

今年のmy birthday cakeは上野桜木の「PATISSIER INAMURA SHOZO(パティシエ イナムラショウゾウ)」さん。今日は鶯谷駅から歩く。
到着すると、とても美味しいレモネードのサービス。この心配りは嬉しいです。
週末には行列ができると聞いていましたが、小雨だったからかすんなり入店。
迷いつつ5点購入。ふたりとも、今日はカロリーのことは考えないことにする。誕生日だし。
INAMURA6693.jpgINAMURA6690.jpg
ショートケーキ 420円
しっとりキメの細かいスポンジはふっわふわ、香り良いクリームはコクがあり爽やか。イチゴとのバランスも絶妙。噂以上!何よりも、ほど良い甘さとその風味の良さに、夫も私も大絶賛♪
キャラメルマカロン 480円
外側のキャラメルソースはとろ~り、軽くなめらかなキャラメルムース。存在感あるどっしりした土台はサックリした歯触りの生地とねっちりしたガナッシュ。このバランスも好き♪
INAMURA6687.jpgINAMURA6681.jpg
イルフロマージュ 500円
口どけよく、軽いフロマージュブラン。中からフランボワーズソース。さっぱりした後味。
上野の山のモンブラン 530円
大きくボリュームたっぷりのモンブラン。マロンペースト、カスタードと生クリームの層の中には粒状のマロングラッセ、土台にはふんわりスポンジ。見た目同様、ちょっと野暮ったい味
INAMURA6684.jpg
ドーム ショコラ 530円
チョコレートソース、チョコレートクリームの中にチェリー、底はしっとりスポンジ。後味はヘーゼルナッツかな。このケーキも大きい。

今回は感動した順に表記。洗練されているとは言いがたいデザインで、ケーキそれぞれの大きさにかなり差がある。モンブランはシェフのスペシャリテとのことですが、評判程でもない…というか、上2つがおいしすぎたからかなぁ。もちろん好みの問題ですが、当たり外れの振り幅が大きいお店なのかも?次回も博打気分でいろいろ試してみたい。

ヨーロッパで修業を重ねた稲村省三氏は帰国後「ホテル西洋銀座」でシェフパティシエに。2000年に独立し「パティシエ イナムラ ショウゾウ」をオープン。お店の前に警備員風のドアマンさんがいるのも有名な話。

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ


ベビーモンシュシュ@大丸東京店

大丸東京店の1Fにある『ベビー モンシュシュ』へ行きました。
堂島ロールでおなじみの『パティシェリー モンシュシュ』の姉妹ブランド。ショーケースの中には、カットされ、かわいらしくデコレーションされたロールケーキたち。たくさんのバリエーションの中から、シンプルそうなものを2種購入。
monchouchou6673.jpg
左『フルーティー』 380円
シンデレラロールをカットしただけかと思ったら、ちょっと違う。イチゴ・オレンジ・キウイ3種の果実の間にしぼられたオレンジ風味のカスタードが利いています。
右『ベティー』 400円
ふんわりチョコクリームの中央にバナナと少し固めのチョコクリームが入っている。
カスタード好きの私は『フルーティー』の方が気に入りましたが、両方とも『堂島ロール』に似て、とても軽くさっぱりしている。
店のイメージカラーはピンク。天使風の羽や王冠に見立てたデコレーションはもちろん、店員の制服も、パッケージも、すべてがかわいい。少し気恥ずかしいくらい。それにしても、クリームやフルーツでキュートに飾られたとはいえ、お得感ある堂島ロール(1本1200円)と比べるとかなりいいお値段ですよね。

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ


しろたえ@赤坂

赤坂の老舗洋菓子店「しろたえ」さん
いつもレアチーズケーキを購入するのですが、今回はシュークリームをチョイス
直径6センチほどの小振りなシュークリームは、むっちりとした外観で見た目より重い。
最近のシュークリームは"皮がぱりさく、とろとろクリーム"というものが多いですが、こちらは昔ながらのスタンダードなタイプ。皮はしんなりやわらかく、ちょっと重めのカスタードクリームがた~っぷり。とてもシンプルですが、クリームにお酒が入っていて、甘い中にもすっきりとした後味。楽しめます。
「しろたえ」さんのケーキはすべて小振りですがお手頃価格。上品な味わいなので、年配の方にもウケがいいような気がします。

天現寺カフェ@広尾

明治通りと外苑西通りの交差点のそばにある「天現寺カフェ」
全国からのお取り寄せスイーツを食べさせてくれる。「炭火焼肉 きらく亭」でランチのあと寄りました。お腹いっぱいなのに、目が欲しい…やっぱり、くいしんぼー?
今日の目当ては きのとや@北海道 のプリン
『酪農生キャラメルプリン』がなかったのが残念でしたが、『酪農チーズプリン』と『北海道いちごプリン』の2種類を購入。
美瑛町産牛乳、北海道産マスカルポーネ、フランス産クリームチーズ、北海道産いちごなど厳選素材を使っているとのこと
天現寺カフェオリジナルといういちごは、なんだかフルーチェのようで…正直、期待はずれ。ですが、チーズプリンは気に入りました!とろーりなめらかクリーミィ。予想していた様な癖はなく、ほんのりチーズ味でとてもおいしい。カラメルソースの量はもっと少なくても良いかなぁ。『酪農チーズプリン』はまた食べたい♪

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ


Neyn@赤坂

赤坂駅徒歩すぐのドーナツショップ「Neyn(ネイン)」
2008年秋open・元楽天トラベル社長さんが経営するお店だそう。六本木のミッドタウンに支店もある。生地は大きくわけて2種類あり、イースト発酵させ揚げた『イーストドーナツ系』と発酵させずにベーキングパウダーを用いた『ケーキドーナツ系』。迷います。
Neyn1634.jpg
左は プレーン/180 定番イーストドーナツ 一番人気と聞き、購入。
黒糖のやさしい甘さ。ふんわり軽いけれど、むちっとした食感
右は ショコラレモン/230 ケーキ系のなかでも焼きドーナツ。小振りです。
生地にレモンピールとややビターなチョコチップを練り込み焼いたもの。
しっとりもっちりで、どちらかというとパウンドケーキのお仲間っぽい。美味。
Neyn1633.jpgいずれも甘さ控えめ。「クリスピークリームドーナツ」や「ドーナツプラント」などの濃くあま~い味とも違い、日本人好みではないでしょうか。『ケーキ系』は他に『ガトーショコラ』や『ベリールージュ』などがあり、華やかなトッピングが美しく本当にケーキのようで楽しい。焼ドーナツは「ミエル」や「Milk bar&BakeDonut」よりデコラティブ。動物の足跡の袋もかわいいです。

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ


堂島ロール

ご存知『堂島ロール』大阪・堂島が本店の「Mon-chouchou(モンシュシュ)」のロールケーキ
1本売りが基本なので、二人では食べきれないと今まで購入を控えていました。
本日の日本橋三越は行列もなく、覗いてみるとカット売りもしている。今日が買い時?
monshou24.jpg見た目は、非常にシンプル。 スポンジに対してクリームが多すぎな気もしますが、こんなに評判なのだから何かある筈、と探りながら食べてみる。
生クリームとホイップクリームの両方を使っているそう。なるほど~。軽いのにコク深みを出すようなブレンドなんですね。そのクリームをふわんとしたスポンジが包み込んで、軽~いロールケーキに仕上がってます。
ウワサでは聞いていましたが、予想をはるかに上回る軽さ。生クリーム大好きな夫ならば、あっという間に1本平らげてしまえそう。
次はいろいろなフルーツが入った『シンデレラロール』をたべてみたい。カット売りはベビーモンシュシュ@東京・大丸でしょうか。

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ


ハロッズティールーム@三越前

日本橋三越本店 本館B1Fの「ハロッズティールーム」へ買い物ついでに寄りました。
スコーンにも惹かれましたが、二人ともケーキセットに。
harrods44.jpg
左が季節もの?マロンとグリオットのケーキ。右は甘さ控えめのフルーツタルト。
セットの紅茶はHarrodsのNo,14ブレンド、渋み少なく飲みやすい。小さいですがポットでサービスされました。紅茶の銘柄を選べるケーキセットは1500円近い。
デパ地下のイートインにしては、静かで落ち着ける空間になっているし、椅子の座り心地も悪くない。そこそこ美味しい。15時過ぎ、同じフロアの「GIOTTO」は数人待っていたのに、こちらはすんなり入れました。隅っこだし穴場なのかも?

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ


Cacahouete@中目黒

中目黒の「Patisserie Cacahouete Paris」(パティスリー カカオエット・パリ)
2006年末にオープン、以前に雑誌で見つけ、行きたいと思いながらも行けずにいたお店。
ショーケースの中には色とりどりのキュートなお菓子たち。宙に浮いたグラスデザートなどアイディアも斬新です。迷いに迷って今日は2点購入
Cacahouete08.jpgカライブ
ヴァローナのカライブを使ったケーキ
つややかなチョコレートソースと銀球がアクセサリーの様なイメージです。
チョコレートムースの中央にはチョコのビスキュイとクレムー、底のフィヤンティーヌがパリっとアクセントになっている。濃厚ソースは若干酸味あり。全体にまろやかで、ほろ苦さと酸味のバランスがいい。
パッションキャラメル
新作だそうです。形も素敵。くぼんだ所にキャラメルソースがちょこっと。
パッションとキャラメルのムース、中はスポンジ生地やプラリネフィヤンティーヌが層になっている。底のざくざく感も良いです。キャラメルの濃厚さとパッションのさわやかさがうれしいケーキ。
どちらも甘すぎず洗練された大人のお菓子。各515円、小振りですが素直においしかった。

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ


オーボンヴュータン@尾山台

尾山台の「AU BON VIEUX TEMPS」フランス菓子を日本に広めた先駆者、河田シェフのお店
年に一度くらいしか伺わないですが、ずっと通いたいお店です。
店内には渋めのフランス地方菓子がたくさん。プチガトーから焼き菓子・キャラメル・コンフィチュール・ヴィエノワズリーやソルベまで、種類が豊富でいつも選ぶのに迷いますが、今日は暑いので(それでも食べる!)2種類だけ。
BONVIEUX579.jpg
『アリババ』370円
サバランです。伝統的なフランス菓子がおいしいここなら間違いない筈!とチョイス。たっぷりのラム酒がしっかりしみ込んでいてケーキと一体化している。香りよく、品の良い濃厚さがある大人のお菓子。
『デリス・オー・フランボワーズ』400円
味わい深いスポンジ生地にフランボワーズクリームの酸味が引き締めてくれる。全体的に軽いですが、甘すぎず酸っぱすぎず、コクがある。おいしい。上に散らされた砕いたアーモンドがアクセントですが、個人的にはこのアーモンドは余分な気がする。

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ


ツッカベッカライ カヤヌマ@赤坂

念願だった「ツッカベッカライ カヤヌマ」さんへようやく行くことができました。
ウィーン菓子で有名なお店ですが、溜池山王付近でもこちらの方向にはあまり用事がなくのびのびに…。事前に電話予約をして伺いました。
kayanuma574.jpgkayanuma572.jpgkayanuma570.jpgkayanuma568.jpg入り口のきらびやかなモザイクの柱が印象的。ですが店内は重厚で優雅。ウィーン旅行を思い出しました。帰宅後のお茶はフンデルトヴァッサーのカップだな、と決めました。

お菓子の種類はあまり多くない印象。
予約していたのは以下の3つ。
マンデルトルテ 525円 
バームクーヘン 630円
マリーレクーヘン 525円
あまりにおいしそうだったので、キリシュシュトゥルーデル 840円を追加し、4点購入。
価格はちょいお高め?でも今はこのくらいの価格帯が多いよね。

『マンデルトルテ』はアーモンドパウダーを使ったふんわり生地とバタークリームっぽいコクのあるクリームが、なかなかの相性。甘さは抑え目。夫が気に入りました。
『バームクーヘン』は私の好み♪通常とは違い、何重にもかさねて焼かれた生地の中央と外側がマジパン、さらにその外側にチョココーティングをされています。全くしつこさがなく上品なケーキ。
あんずが入った『マリーレクーヘン』と生のサクランボをたくさん使ったパイ『キリシュシュトゥルーデル』は季節もの。

全体的にシンプルで素朴、懐かしさも感じる。でもだからこそ、ごまかしのない、とても丁寧に作られているのがわかる。大事に食べたくなる味。
ウィーンのケーキは善くも悪くも甘く濃厚で重たいイメージがあったのですが、どれも本当においしくいただきました。オーストリアの歴史・伝統を感じるお店です。満足。
今度は「ツッカベッカライ カヤヌマ」さんのクッキーを予約して、お隣りの「Restaurant K. u. K. カーウントカー」へ食事に行こう!

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ




ジャンル別カテゴリ


最近の記事


プロフィール

noricha

Author:noricha
神田生まれ さいたま育ち
2010年5月に代官山から六本木(赤坂寄り)に引越しました。行動範囲もこれから変化していくでしょう。
dietを気にしつつも、誘惑に負けっぱなしの毎日です

あそびにきていただきありがとうございます。コメント・トラックバックも大歓迎♪でも記事と無関係なものは削除させていただく場合もあります。
よろしくおねがいします。


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


月別アーカイブ


カウンター



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


最近のコメント


最近のトラックバック


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。